1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

森と池と

撮影日:2007/09/24
撮影地:きぬがさの池付近(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


西穂山荘に1泊した翌朝は、割谷山を経由して焼岳へと続く登山道を歩きました。

西穂山荘は森林限界に建つ山小屋で、ここから3方向へと道がのびています。すなわち、前日に私がやってきた新穂高ロープウェイの西穂高口へと続く下りの道、同じく前日に往復した西穂高岳への登りの道、そしてこの日にとった上高地方面および焼岳方面へと向かう下りの道です。
西穂山荘前から下り始めるとすぐに木々が鬱蒼と茂る森の中へと道は続いていきます。そしてちょっとの間下っていくと、じきに上高地方面と割谷山焼岳方面との分岐に出ます。さらに分岐から15分ほど歩くと、進行方向左側が開けてきました。きぬがさの池周辺です。

西穂山荘を出たときからずっと、辺りは濃いガスに包まれていました。きぬがさの池付近まできても同様で、そのぶん池とその周辺は奥深いところにあるといった雰囲気を余計に漂わせているように感じられました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2007/09/24
撮影地:割谷山へと続く県境の登山道脇にある池(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


さらに、道を進んでいくと名も無いピークを登っていくこととなります。そのピークを越えて今度は下っていくと、下りきるより少し前の場所にもうひとつの池が現れます。
ちなみに、この辺りが焼岳小屋までのおよそ中間地点。ここを下りきると、今度は割谷山(2,224メートル)への登りへとさしかかります。

実は、上高地方面との分岐を過ぎてから、この先焼岳小屋まで誰ひとりとして出会うことなくずっとひとりの山行が続きました。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、おはようございます。
1枚目の写真、とても静かな場所のように思えます。
しばらく写真を見ていると、鳥のさえずりが聞こえてきそうな気がします。

神聖な山の雰囲気が感じられる1枚、素敵ですね。

fuka_shin | URL | 2007年11月10日(Sat)10:40 [EDIT]


fuka_shinさん、おはようございます。

> 1枚目の写真、とても静かな場所のように思えます。
実際ほかに誰もいなくて、とても静かでしたw

> 神聖な山の雰囲気
晴れていたならば、もっと平凡な風景だったのでしょう。
この奥深い雰囲気をつくりだしてくれた霧に感謝です。

Newman | URL | 2007年11月11日(Sun)09:35 [EDIT]