1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雷鳥平より立山を望む

撮影日:2007/08/23
撮影地:立山アルペンルート雷鳥平より立山を望む(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


地獄谷を抜けて雷鳥平へとやってきました。

ここから立山を望むと、雄山から大汝山にかけて稜線が連なるその下に山崎カール圏谷)という氷河の浸食でできた谷状の地形がよくわかります。この山崎カールは1905年(明治38年)に地理学者山崎直方博士により日本で初めて発見され、これによりわが国にも氷河期が存在したことが証明されました。

一方、手前の斜面に沢山みられるのはチングルマの花柱(花弁が落ちると、このように綿毛が長く伸びる)です。花が終わるとこのように糸状になって風車のようになり、風に乗ってとび散ることからこの花を「稚児車」と呼ぶのです。チングルマは草ではなくバラ科の木で、美しく紅葉することから、花と、綿毛の伸びた実と、そして紅葉した葉と3回楽しめるのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。