1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

別山

撮影日:2007/08/21
撮影地:立山三山縦走/別山頂上の祠(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


別山の急な岩場をしばらく登っていくと、細長い台地状の別山山頂に着きます。

実は、真砂岳を下って別山を登りはじめた頃にはかなりガスが出てきていました。そこで、別山の方から下りてきたご夫婦に「山頂まではまだかなりありますか?」と訊いたのですが、男性が仰るには「ここまで下りてくるのに40分はかかったから、登りだったらまだ1時間はかかるんじゃないの?」とのことで、この先で左に分ける巻道に行くよう勧められました。
でもまだ雨も降ってはこないようでしたし、なによりもここで別山に登らなくては「立山三山縦走」にはならんじゃないかということで、巻道はとらずにそのまま真っ直ぐガレた山頂への道を進むことにしました。
実際には、先ほどのご夫婦と話した場所から30分も経たずして、ちょっと岩場を左に回り込んだところにこの祠が見えてきたので、少々拍子抜けしてしまいました(笑)

これでとりあえずは、浄土山(記事はこちら)、雄山(記事はこちら)、別山のそれぞれ雰囲気の異なった祠にも無事詣でることができました。
ちなみに、この別山の祠には帝釈天が祀られているのだそうです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2007/08/21
撮影地:立山三山縦走/別山 硯ヶ池(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


この別山には、日本で3番目の高所にあるという池(※)、硯ヶ池があります。
硯ヶ池という名が示す通り、この池の水で実際に墨を摺るという行事があるそうです。
立山ケーブルカー(記事はこちら)の立山駅より少し下にある集落、芦峅寺(あしくらじ)の衆徒たちが、8月下旬ボンボラ(竹筒で作った水筒)にこの池の水を汲みとって大切に持ち帰り各家の仏間で保管するのだということです。その後、10月に檀那場まわりに持参する経帷衣や各種の護符作りに使うためにこの水で墨汁をつくるのだといいます。

※厳密にいえば国内最高所の池は富士山の鰶池(記事はこちら)ということになるのかもしれませんが、通常は1番が御嶽山の二ノ池、2番が乗鞍岳の権現池ということになっているようです。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する