1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

カムイワッカ湯の滝

撮影日:2005/08/13
撮影地:知床カムイワッカ湯の滝(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


わが国随一の“ワイルドな温泉”として知られるカムイワッカ湯の滝。活火山である硫黄山の地熱により温められた多量の硫黄分を含む温泉の川(カムイワッカ川)が途中途中で大小の滝となっており、滝壷がそのまま天然の温泉となっているのです。

バス停から沢登りをしながら歩くこと15~20分ほどで、適温で入ることのできる、通称「四の滝」の滝壺に到着しました。湯と水とが混ざりあって程よい湯加減でした。
滝の上には湯気が上がる源泉が...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2005/08/13
撮影地:知床カムイワッカ湯の滝(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


こちらは、四の滝へと向かう途中でもっとも登っていくのが大変だった三の滝です。こんな狭いところを登っていくわけですから、登る人と下る人とでとても渋滞します。



撮影日:2005/08/13
撮影地:知床カムイワッカ湯の滝(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


実は、2006年夏以降は上流で落盤の可能性があるということで、バス停から100メートルほどのところにあるこの一の滝までしか入ることができなくなってしまいました(私が訪れた2005年の夏でも、すでに四の滝より上は立入禁止となっていました)。
この一の滝の滝壷は水温30度ほど。温泉というよりかはむしろ‘温水プール’といった感じかもしれません。

ちなみにこの写真は、バス停からすぐのところでこの川に架かる林道の橋の上から撮影したものです。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、おはようございます。

一瞬見たとき、冷たい清流かと思いました。
この時期、気持ちいいだろうな~、ってね(苦笑)。

しかし、少しずつすごし易くなってきましたから、温泉もいいですね。

なんて、のん気な感想から始まりましたが、これって物凄く豪快な温泉だということにも、今気がつきました(笑)

fuka_shin | URL | 2007年09月02日(Sun)10:11 [EDIT]


fuka_shinさん、こんばんは。

> しかし、少しずつすごし易くなってきましたから、温泉もいいですね。
私は、暑い盛りにこの温泉に浸かりましたよ(笑)
しかも、日焼けして腕が相当真っ赤になっていたので、ここの強い硫黄泉はちょっと腕に沁みてキツかったです。

> これって物凄く豪快な温泉だということにも、今気がつきました
まさにその通りなんです!
でも、記事本文にも書きましたが、2006年からこの四の滝の‘豪快な温泉’へも行くことができなくなってしまったんです。
なんでも、今年はシャトルバスに乗ってここまでやってくる人もだいぶ減ってしまったとか...。

Newman | URL | 2007年09月03日(Mon)00:14 [EDIT]