1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

羅臼岳山頂からの眺め

撮影日:2005/08/12
撮影地:知床羅臼岳山頂より知床連山を望む(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


羅臼岳の山頂に近づいてくると、ガレ場をオレンジ色のペンキで描かれた矢印を頼りに、ときに両手も使いつつ登っていくことになります。

山頂に辿りついてから登ってきた方角を振り返ると、オホーツク海と根室海峡(太平洋側)とが緑に覆われた美しい三ツ峰をはじめとする山々の上でひとつにつながっているのがわかります(掲載した写真が傾いてしまっているのが、ちょっと残念なのですが...)。
眼下の羅臼平と、左から順に大沢方向、知床連山縦走路方向、我々が登ってきた羅臼岳への登山路、羅臼方向の4方面へと続く道を見下ろすことができます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2005/08/12
撮影地:知床羅臼岳山頂よりウトロの街を望む(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


ウトロ方面の眺めです。やはりここからでもオロンコ岩がよく目立ちますね。
すぐ下には、知床横断道路がのびているのがわかります。



撮影日:2005/08/12
撮影地:知床羅臼岳山頂より太平洋側を望む(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


こちらは、太平洋側の眺めです。羅臼の街は、あいにくと雲がいっぱいで見えませんでした。
左前方には、国後島の最高峰である爺爺岳が雲の上に姿を現しています。



撮影日:2005/08/12
撮影地:知床羅臼岳山頂より羅臼湖と知西別岳、遠音別岳(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


知床半島の付け根方向に目を向けてみました。残念ながら今回の旅では訪れることができなかった羅臼湖がよく見えました。

しばらく展望を楽しんでから、往路を戻り一路岩尾別へと向けて下山しました。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさんこんにちは。毎日すばらしい写真ありがとうございます。。知床連山の眺めや四方の遥かな視界、すばらしいですね。臨場感ある山の眺め、というのは平地で長い間生活している街の者にとっては時には高所恐怖をさえ感じさせますね。 写真でも時には足がすくんで、、ゾクゾクしてしまいます。^^; いつも山に登っている山好きの方々にはこれが、堪らないものなのでしょうけど。平地の方が居心地良くなってしまうのは、やはり歳のせいでしょうか?(笑)

それにしても、、疲れ知らずです?? 前世は山伏?!

pooh | URL | 2007年08月28日(Tue)19:04 [EDIT]


poohさん、こんばんは。

> 高所恐怖をさえ感じさせますね。
これらの写真でpoohさんに高所恐怖を感じさせることができたのだとしたら、それだけ臨場感をお伝えできたということになるのですよね、きっと。
これって、なによりの誉め言葉ですよ。どうもありがとうございます。

> それにしても、、疲れ知らずです??
私はどうもちょっと変わっているらしく、整備された登山道や緩やかな登りの道よりも、羅臼岳登山の最後のような急なガレ場(岩場)の方が登るペースが上がり‘疲れしらず’になるみたいなのです(笑)
今夏に歩いた立山三山縦走も初めの浄土山からしてそんな感じでしたが、山小屋に戻ってから北アルプス登山歴ン十年の方に立山三山全山(室堂~浄土山~立山(=雄山、大汝山、富士ノ折立)~真砂岳~別山~別山乗越~雷鳥平~室堂)を1日で歩いてきたという話をしたら「なかなかの健脚」との評価(ひょっとして、呆れて?)をいただいてしまいました...。

Newman | URL | 2007年08月29日(Wed)01:48 [EDIT]


Newmanさん、こんにちは。

4枚とも本当に美しい写真ですね。
こんなところで、思い切り深呼吸したい気分です。
でも、こういった山をちゃんと登ろうとしたら、それなりに訓練が必要ですよね?
あと、一緒に登る仲間も・・・。

行って見たいような怖いような・・・(笑)。

fuka_shin | URL | 2007年09月01日(Sat)16:16 [EDIT]


fuka_shinさん、こんばんは。

この日はずっと天気もよく、羅臼岳山頂からの眺めは本当に最高でした!

山歩きは本当に素晴らしいですよ。
以前、屋久島の記事にも書いたことなのですが(http://onephoto.blog48.fc2.com/blog-entry-17.html)、高いところから見下ろす絶景は普段の生活の中ではなかなか出会うことのできない素晴らしいものです。
もちろん、写真の題材としても申し分ないものですよね(笑)

これから秋にかけては、山歩きにもいい季節です。
紅葉真っ只中の奥多摩なんて、本当最高ですよね。

> それなりに訓練が必要ですよね?
羅臼岳くらいの山でしたら、特別な訓練などはまったく必要ではないですよ。
このときの同行者のうちのひとりも本格的な登山は初めてだったのですが、もちろん登頂して無事下山しています。
ちなみに、羅臼岳登山のときの私はジーンズに普通の運動靴という非常にナメきった格好をしてました (^^;

> あと、一緒に登る仲間も・・・。
私は結構ひとり気ままに登ったりすることも多いのですが(今夏の立山の山々もそうでした)、仲間がいるとそれはそれで楽しいですよね。
なんでしたら、山行にお付き合いしますよ。
オフ会ってことで(笑)
気軽に誘ってくださいね。

Newman | URL | 2007年09月02日(Sun)00:33 [EDIT]