1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

首折れサバ

撮影日:2006/08/13
撮影地:屋久島/宮之浦(鹿児島県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


屋久島の名物のひとつ、 首折れサバ
インパクトのある名前もさることながら、傷みやすい、ムシが湧くなどの理由で、通常火を通さない場合は塩や酢で締めるサバを生で食べられるとあって、屋久島を訪れたらぜひとも味わってみたいと思っていました。
一本釣りのサバを船上ですぐに首を折って締め、血抜きすることからこの名がついたもので、おかげで鮮度が保たれて生のままいただくことができるのです。
味はというと、それほど脂がのっていないハマチとでもいった感じでしょうか。マアジのたたきほどあっさりとはしておらず、ワサビ醤油でいただくと程よくのった脂とシャキシャキ感とが美味な一品です。

○今回食事した店
お食事処 潮騒 0997-42-2721(宮之浦)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する