1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

神の子池

撮影日:2005/08/09
撮影地:神の子池(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


裏摩周展望台から7, 8kmほど離れたところにある神の子池です。
摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水が湧き出してできた池であることから「神の子池」と名づけられました。道道1115号線を清里方面に向かう途中で左折しハトイ林道に入ってから2kmほど奥へいったところにあります。

摩周湖の水位が年間を通じて変わらないのは、その水が伏流水となってここをはじめとする周辺地域に湧出するからなのだそうです。その量は実に12,000t/日にも及ぶと案内板に書かれていました。
冬でも凍ることのないこの池は水温8度を保ち、周囲は220mほどの広さです。池の奥の方は鮮やかなブルーで、周りの木々が水面に映るとても幻想的なものでした。

摩周湖からの伏流水というだけあって水はとても澄んでいて、近づくとあちこちから水が湧き出しているのがわかりました。水中にはオショロコマ(イワナの一種)が沢山泳いでいます。水に浸かった倒木も長いこと腐らないでそのまま残っているそうです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


池の周りは結構広い遊歩道のようになっていてぐるりと一周することができますし、また高台からはベンチに座ってゆっくりと池を眺めることもできます。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。

とても幻想的な1枚で、ほんと素晴らしいです。
この水の色がなんとも言えないほど涼やかで奥深い味を出していますね。
神の子池という名、頷けます。

fuka_shin | URL | 2007年08月07日(Tue)23:08 [EDIT]


fuka_shinさん、こんばんは。

ここは、水の色と、水中に沈んだまま腐らずにいる倒木とが、(いつかは行きたい、中国の)九寨溝の湖とどことなく雰囲気が似ているようにも思えて、ずっと前から訪れてみたかったのです。

この神の子池は、以前はそれほど知られてはいない穴場だったようなのですが、最近はかなり人気があるようで、ハトイ林道を進んでいる途中にも戻ってきた観光バスとすれ違ったりしました。

Newman | URL | 2007年08月08日(Wed)01:29 [EDIT]