1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

砂走り

撮影日:2006/07/22
撮影地:富士山御殿場口登山道より前方に宝永山を望む(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


御殿場口登山道をさらに下っていくと、登山道と下山道とが分かれて、下山道側は砂走りという黒い砂礫が厚く堆積した岩の少ない地帯に入ります。
同行者のひとりと「なかなか画期的だねぇ」なんて話したりもしましたが、砂地で文字通り走って下ることができるので、面白いほど速く先へと進めます。なかなかオススメですよ。
ただし、靴に砂が入らないようスパッツ(ズボンの裾と靴の上部との間を覆う登山用装備)着用必須です。

砂走りを駆け下りていくと、やがて目の前に宝永山とその火口とが迫ってきます。
そのまま砂走り宝永山を迂回してずっと下の次郎坊まで続くのですが、我々は富士宮口登山道へと戻るため砂走りが始まってから4分の1ほどの地点で宝永火口への道をとりました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お早うございます。ここの砂走りで下山する人たちを見て、二男がギブアップしました。長男は行くのかなと思って、確かめたら、やはり下山するということで、一家4人下山せざるをえなくなりました。

161212 | URL | 2007年07月29日(Sun)06:43 [EDIT]


161212さん、おはようございます。

161212さんは御殿場口登山道から登られたのでしょうか?
だとしたら、道のりも長く大変だったことでしょうね...。
また、富士登山の機会ができるといいですね。

Newman | URL | 2007年07月29日(Sun)08:13 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。