1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

平野神社の里桜 その2

撮影日:2007/04/15
撮影地:平野神社京都府)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本日も引き続き、平野神社里桜の写真です。

平野神社には多くの里桜がありますが、その多くは遅咲きで京都中のが盛りを過ぎてきた頃に一斉に花開きます。境内のあちこちに咲くさまざまな花を見ていると、本当に種類が多くさまざまながあるものだと感心してしまいます。

この写真は虎の尾です。枝が多少曲がりながら上に伸びて花がつくのが特徴で、そのさまが少し離れてみると虎の尾のように見えることからこの名がついたそうです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


虎の尾。
大島の流れを汲む花弁15枚の八重だそうで、花弁に細かい切れ込みが入っているためか、実際の枚数よりもずっと多く見えます。



別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


虎の尾。
1本1本の枝もシュッと長く伸びて、まさに虎の尾の名がピッタリです。



別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


普賢象(ふげんぞう)。
花の中心から長く伸びている雌しべを、普賢菩薩が乗っている象の牙(または鼻)に譬えての命名。室町時代にはすでに存在したという古い品種です。



別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


手弱女(たおやめ)。
原木が平野神社にある里桜です。たおやかで、なよやかな、いかにも女性的な感じの優美なです。



別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


手弱女。



別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


撫子。



別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


麒麟。



別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


松前。



別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


楊貴妃。
奈良興福寺の僧玄宗が愛したことから楊貴妃と命名されました。「漢皇色を重んじて傾国を思ふ...」の、あの玄宗・楊貴妃になぞらえているんですね。奥深い...。



別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


こちらも楊貴妃です。雄しべの色が違うとなんか別の花みたいですね...。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する