1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

左近の桜

撮影日:2007/04/08
撮影地:京都御所 紫宸殿京都府)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


京都2日目のこの日、前日の雨とは打って変わって朝から大変良い天気でした。
そしてこの日は京都御所春の一般公開の最終日でもありましたので、せっかくですし京都御所へと行ってきました。

さて、御所で桜といえばやはり思い浮かぶのはこれ。「南殿(なでん)の桜」、またの名を「左近の桜」という、この紫宸殿(ししんでん/ししいでん)前の桜です。
実は、延暦13年(794年=鳴くよ鶯平安京)の平安遷都の折、最初に紫宸殿前に植えられたのは「梅」と「橘」でした。ところがこの梅はほどなく枯れてしまい、仁明天皇の御代(在位833~850)に桜に植え替えられたのだそうです。
紫宸殿の別名を南殿ということからこの桜を「南殿の桜」と呼び、また、天皇の御前における左近衛大将の位置を示すことから「左近の桜」ともいわれています。
その後も何度か植え替えられ、現在植えられているものは昭和に入ってから御所の他の場所から移された山桜だということです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この桜の雰囲気を見て、まず思い出したのは、ひなまつりに飾るひな壇の桜の木そっくりですね!

yukki | URL | 2007年04月30日(Mon)22:57 [EDIT]


> ひなまつりに飾るひな壇の桜の木そっくりですね!
よく気づいたね!雛壇の桜が、まさにその「左近の桜」なんだよ。
雛飾り自体が、正装した文武百官が紫宸殿に参集した様子を再現したものなんだね。

一方で、雛壇の向かって左側(桜とは反対側)には、橘(ミカンの類の一種)も飾るよね。それにあたるのが、写真の左側にちょっとだけ写っている「右近の橘」。このときにも、いくつかミカンのような実がなっていたよ。

Newman | URL | 2007年04月30日(Mon)23:53 [EDIT]


そうだったんですね!
どうりで似てるかと・・・。
「右近の橘」も見てみたかったです☆

yukki | URL | 2007年05月02日(Wed)12:24 [EDIT]


↓これなら、桜も橘もわかるかな?
http://blog48.fc2.com/o/onephoto/file/20070424-2.jpg

Newman | URL | 2007年05月02日(Wed)23:56 [EDIT]