1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

こきりこ節 その1

撮影日:2007/02/10
撮影地:五箇山菅沼集落(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


♪こきりこの竹は七寸五分じゃ 長いは袖のカナカイじゃ
♪まどのサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン

五箇山地方の民謡「こきりこ節」。今回、菅沼集落でこのこきりこ節の踊りの実演を見ることができました。
こきりこ節はわが国で最も古い民謡とも言われ、田楽から派生し田踊りとして発展しました。これらは五穀豊穣を祈り、また百姓の労をねぎらうため田楽法師と呼ばれる職業芸能人たちが田植えや稲刈りの間に行なった踊りでした。
こきりこは、「筑子」または「小切子」とも書き、二本の竹で作った簡素な楽器の名前に由来しています。これを手首を回転させながら打ち鳴らすと、軽やかな音を出します。
もうひとつ、こきりこに欠かせない楽器が「びんざさら」(単に「ささら」とも)といわれるものです。108枚の竹の板または木片を束ねたこのささらを、半円に構えて波打たせて鳴らす不思議な響きは耳に残ります。


※追記:他の五箇山の記事は、下記INDEXにてご覧いただけます。
・世界遺産> 文化遺産> 白川郷と五箇山の合掌造り集落/Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する