1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

川湯硫黄山

撮影日:2006/02/25
撮影地:川湯硫黄山(北海道)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


川湯硫黄山です。いまなお火山活動している山で、あたりには硫黄の臭いが漂っています。
硫黄山は、アイヌ語でアトサヌプリ(裸の山)といわれます。その名の通り、噴煙を上げている部分は、いつも丸裸の山肌を見せています。
まだ比較的新しい山で、屈斜路カルデラのほぼ中央に約1,700年前に噴出した中央火口丘のひとつです。
標高は521メートル、今からおよそ600年前に現在の姿になったといわれ、山頂の熊落しと言われる深い谷は、約300年前、最後の爆発でできたといわれています。

冬の雪に覆われた山肌とこの日の抜けるような青空とのコントラストがとても綺麗でした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

硫黄について

硫黄|-! colspan="2" style="background-color: #a0ffa0" | 一般特性|-| 元素の一覧 (名前順)|名称, 元素の一覧 (記号順)|記号, 元素の一覧 (番号順)|番号 || 硫黄, S, 16|-| 元素の分類|分類 || 非金属元素|非金属|-|

パワーストーン&鉱物情報 2007年02月18日(Sun) 14:39