1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

穂高の風景3(未掲載在庫より)

撮影日:2010/10/12
撮影地:前穂高岳山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


2010年には2度穂高岳を歩きました。
7月の槍穂高縦走は3泊4日の単独行で、槍平経由で槍ヶ岳に登った後は南岳から大キレットを越えて北穂、涸沢岳、奥穂を経由し西穂までのロングコースを歩きました。
一方、10月は父と一緒の山旅でした。上高地から横尾経由の涸沢カール泊で最高に美しい山岳紅葉を堪能し、ザイテングラートを登って稜線の小屋でもう1泊。3日目には奥穂から吊尾根を経て前穂、岳沢経由(=重太郎新道)で上高地まで下りました。
この年の2度の穂高山行で唯一ルート上で被っているのは、実は「白出(しらだし)のコルに建つ穂高岳山荘から奥穂高岳山頂まで」の距離にして450メートルあまり、標高差200メートル弱のほんのちょっとの区間のみ。つまりたった2度の山行にして穂高歩きを思う存分に味わえた年だったのです。

今回の1枚は、2010年10月の穂高行きの際に前穂高岳の山頂から穂高連峰の主稜線を撮影したものです。
この時は、前穂の山頂から望まれる奥穂西穂間の嶮しい稜線を、そこが7月の槍穂高縦走のクライマックスとなった場所であっただけにじっくりと撮影したいという気持ちもあった反面、紀美子平に父を待たせていた為そうのんびりもしていられず、少々せわしなかったように記憶しています。

※その時の山行で出会った涸沢カールの素晴らしい山岳紅葉の記事「【特別企画】錦繍の涸沢 2010」はこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する