1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

富士山麓 浅間神社巡り

撮影日:2017/04/16
撮影地:富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


昨夏に富士山頂の浅間大社奥宮で御朱印をいただいてからずっと考えていた事なのですが、このたび富士山麓に点在する浅間神社のうちで世界遺産の構成資産に選定されている8社を訪れる「浅間神社巡り」に出掛けてきました。
※「富士山頂の御朱印」の記事はこちら

今回の浅間神社巡りは静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社から開始し、山宮浅間神社、村山浅間神社、須山浅間神社冨士浅間神社(須走浅間神社)、北口本宮冨士浅間神社、冨士御室浅間神社、河口浅間神社の順に富士山からみて南回りに東へと辿っていくことにしました。

最初に訪れた富士山本宮浅間大社では境内の桜がまさに満開で見事でした。浅間神社の祭神である木花之佐久夜毘売命(コノハナサクヤヒメノミコト、木花咲耶姫命)はその名の通り桜の花を神格化した女神とされますから、旅の出発点からまるで祝福されているかのようで気持ちが上がりました(笑)
また実際この富士山の女神の祝福を受けての事なのか、この日は最後の河口浅間神社を詣でて帰りに河口湖畔に車を走らせるまでずっとくっきりと美しい富士山の姿が望まれたのでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

撮影日:2017/04/16
撮影地:富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


富士山本宮浅間大社
全国におよそ1,300社あるといわれている浅間神社の総本社で富士山頂に鎮座する奥宮(※「【シリーズ・日本の世界遺産】浅間大社奥宮」の記事を参照のこと)の里宮です。朱塗りの壮麗な社殿は慶長11年(1606年)に徳川家康によって造営されたものです。
境内には数多くの桜が植えられており、それらがとても美しく咲き揃っていました。元々は表口ともいわれた大宮口の登山道(現在の富士宮ルートに通ずる)からの富士信仰登山のための禊場としての意味をもっていた湧玉池の周りにも何本か桜の木があって、清澄な富士の湧水の池面には花筏も浮かんでいました。



撮影日:2017/04/16
撮影地:富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2017/04/16
撮影地:富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


*   *   *


撮影日:2017/04/16
撮影地:山宮浅間神社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


○山宮浅間神社
富士山本宮浅間大社は元々この地に鎮座されていたとされ、全国の浅間神社の中で最も古いものとされています。石段を昇りきった一番奥に遥拝所があり、古い富士山信仰の姿をいまに伝えています。
ここを訪れたときに遥拝所に居合わせた男性が「やっべ、(富士山が)めっちゃ見えてるっ!」と叫んだのには、思わずクスッとしてしまいました。



撮影日:2017/04/16
撮影地:山宮浅間神社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


*   *   *


撮影日:2017/04/16
撮影地:村山浅間神社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


○村山浅間神社
平安末期の末代上人(※「富士山でミイラになった人々のはなし」の記事を参照のこと)ゆかりの浅間神社で、明治に入って神仏分離が唱えられる以前は興法寺とも呼ばれました。同じ境内に神社の本拝殿と一緒に大日堂という仏教のお堂が建ち並んでおり神仏習合という富士山信仰本来の姿が窺えます。
かつては修験の拠点だった事もあって、いまも水垢離場跡が良い状態で残されていたりします。



撮影日:2017/04/16
撮影地:村山浅間神社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2017/04/16
撮影地:村山浅間神社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


*   *   *


撮影日:2017/04/16
撮影地:須山浅間神社(静岡県裾野市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


○須山浅間神社
かつて多くの人に登られていた須山口登山道(※「御殿庭」および「双子山の間を通って御殿場口へ」の記事を参照のこと)の起点となった浅間神社です。宝永の大噴火により壊滅的な被害を受けましたが、現在は登山道と共に復興されています。また近年裾野市は須山口登山道の復興にも力を入れており、以前その一部を歩いた際にも裾野市が設置した須山登山道についての案内板をいくつも見かけました。
この日はちょうど須山浅間神社の祭礼に当たり、私も神饌の赤飯とお菓子のお裾分けを頂戴しました。



撮影日:2017/04/16
撮影地:須山浅間神社(静岡県裾野市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


*   *   *


撮影日:2017/04/16
撮影地:冨士浅間神社(静岡県駿東郡小山町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


冨士浅間神社(須走浅間神社)
東口とも称される須走口登山道(現 須走ルート)の起点であり、富士講との結びつきが深かったことから境内に約70基ほどの昔の登山記念碑が残されています。
須走ルートは現在も五合目より上であっても森の緑が多く、またムラサキモメンヅルやミヤマアキノキリンソウやハクサンシャクナゲなどの高山植物も多く見られることから私にとってお気に入りの登山道です。このルートを登るために小田急線の新松田駅から須走口新五合目行きの路線バスに乗ると途中こちらの神社前に停車するのですが、実際にこの冨士浅間神社を訪れたのは今回が初めてとなりました。



撮影日:2017/04/16
撮影地:冨士浅間神社(静岡県駿東郡小山町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


*   *   *


撮影日:2017/04/16
撮影地:北口本宮冨士浅間神社(山梨県富士吉田市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


○北口本宮冨士浅間神社
江戸時代中期以降に隆盛を誇るようになった北口こと吉田口登山道。その背景には富士講による信仰登山の歴史を語る上で重要な行者たち、村上光清と食行身禄(※「富士山でミイラになった人々のはなし」の記事を参照のこと)という2大スターの存在が深く関わっているのではないかと思います。北口本宮冨士浅間神社の主だった社殿の造営は村上光清によるものです。
ちなみに、私は2013年7月に吉田口登山道を馬返し(一合目の下)から登りましたが、そのときは馬返しバスを利用した為にこの北口本宮冨士浅間神社の横をバスに乗って通り過ぎました。昔の人が馬返しまでは馬を飛ばしたが如くに?(笑)



撮影日:2017/04/16
撮影地:北口本宮冨士浅間神社(山梨県富士吉田市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2017/04/16
撮影地:北口本宮冨士浅間神社(山梨県富士吉田市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


*   *   *


撮影日:2017/04/16
撮影地:冨士御室浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


○冨士御室浅間神社
富士山信仰の重要な拠点として北口、吉田口登山道の二合目に建立された冨士御室浅間神社(※「吉田口登山道 馬返し~三合目」の記事を参照のこと)は、富士山中で最も古い神社と伝わっています。その本殿は現在里宮のあるこの地に移されていますが、その北口二合目の御朱印もこちらの里宮でいただけました。
桜の名所としても有名で表参道に沿ってソメイヨシノが多く植えられていますが、残念ながらこの日はまだ一分咲き程度といった状況でした。



撮影日:2017/04/16
撮影地:冨士御室浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2017/04/16
撮影地:冨士御室浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


*   *   *


撮影日:2017/04/16
撮影地:河口浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


○河口浅間神社
貞観6年(864年)に起きた富士山の大噴火の後にそれを鎮める為に建てられた浅間神社です。富士信仰の拠点として歴史が古く、最盛期にはこの神社を中心に140軒もの河口(川口)御師(おし/富士信仰登山の為の、今でいう旅行代理店 兼 宿泊施設のようなもの)の宿坊があったようです。
吉田口(北口)の隆盛により富士吉田が御師の街として栄えるのと引き換えに、河口御師は次第に衰退していったようですが、現在富士登山者数が他の登山口に較べて圧倒的に多い河口湖口登山道の五合目(富士スバルラインの終点)(※「河口湖口五合目」の記事を参照のこと)というのは、実は河口湖畔の船津浜(富士急河口湖駅から真っすぐ下ったところ)を起点とする船津口登山道の一部なのです。



撮影日:2017/04/16
撮影地:河口浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する