1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

弥山山頂

撮影日:2017/02/25
撮影地:弥山山頂 二等三角点と山頂の指導票(広島県廿日市市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


宮島滞在2日目は朝イチで潮の満ちた厳島神社を訪れてから、宮島の最高所で神域とされる弥山(みせん)山頂を目指しました。文字通り海抜ゼロメートルからの登山となりました。

実は、途中の眺めも素晴らしいということでロープウェイを利用するつもりでいたのですが(※ロープウェイ終点から山頂までは30分ほど歩いて登ることとなる)、2月一杯はメンテナンスのため休業しているということをロープウェイ乗り場のすぐ手前で知ることとなり急遽ロープウェイ駅手前の分かれ道を右に入った紅葉谷コースをいくことにしたのでした。
このコースは紅葉谷川の清流に沿って進む3キロメートルちょっとの道のりでしたが、整備がかなりしっかりと行き届いていてとても歩きやすい登山道でした。ただし、若干傾斜が急な箇所もあるため登山経験が少ない方はそれなりに覚悟した方が良いかもしれません。実際に途中で引き返されている方もいらっしゃったようです。

そうしてたどり着いた弥山の山頂(標高535メートル)は、巨大な岩が集まった独特な雰囲気で神域というに相応しい印象を受けました。
最高地点のすぐ前の一段低いところには立派な展望台があって、そこからは鬱蒼と茂った木々の向こうに本州側や反対の瀬戸内海側の風景が一望できました。
この日は土曜日であったため山頂まで登られた方も結構多かったのですが、それでも展望台2階の休憩所は座る場所も結構空いていたのでこちらで持参した携帯食をいただくなどして暫しゆっくりしました。もしもこの日にロープウェイが動いていたらもっと混み合っていたのでしょうから、休業していたのも逆に案外良かったのかもしれません(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

撮影日:2017/02/25
撮影地:弥山山頂より瀬戸内海側の眺め 島々の合間に牡蠣養殖の筏も浮かんでいた(広島県廿日市市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2017/02/25
撮影地:弥山山頂からの眺め 木立の間から見えた対岸の宮島口連絡フェリー乗り場(広島県廿日市市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

宮島の旅

 カラスの案内によりかの地に、宗像三女神を祀る、厳島神社が建てられたとか、今日に至っても見るものも多く、思いは、遠い昔に導いてくれますね。引き潮時の厳島神社もいいですが、満潮時の厳島神社は、格別いい風景ですね。絵心を呼び起こされますね。

inomasa | URL | 2017年03月11日(Sat)21:07 [EDIT]


inomasaさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

弥山より舞い降りて案内したとされる厳島の大烏の伝承、そして北九州の宗像三女神との関係などと相俟って、宮島の地はとても興味深い謂れのあるところですね。

また、海上に浮かぶ厳島神社の社殿の様子も唯一無二のものであり、朱の柱と海の碧と周辺の山々の緑のコントラストも大変美しく一幅の絵画を思い起こさせるような素晴らしい景観だと思います。

Newman | URL | 2017年03月13日(Mon)00:40 [EDIT]