1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

彼岸花 色いろいろ

撮影日:2016/09/25
撮影地:巾着田近くの民家(埼玉県日高市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


巾着田の中にあったのは赤と白の彼岸花でしたが、帰りに近隣の民家の庭に赤と白以外にもピンク色と黄色の彼岸花が咲いていました。
ピンク色は赤と白との間の色ということでなんとなく想像の範囲内ではあるのですが、黄色い彼岸花というのはとても珍しく思われたので、撮影させていただきました。

以前見たことのある黄花藤は、厳密にいうと金鎖(キングサリ, 英名:Golden chain, 学名:Laburnum=キングサリ属/ラブルヌム属)という藤(ウィステリア(Wisteria, フジ属の学名))とは別の種でした。 ※画像はこちら
調べてみたところ、この黄色い彼岸花も「鐘馗水仙(ショウキズイセン, 学名:Lycoris traubii)」という別の名がついており、こちらは彼岸花(学名:Lycoris radiata)の近縁種なのだそうです。球根でのみ育つ彼岸花とは異なりこの鐘馗水仙は結実するそうです。
彼岸花と同様に中国原産の花のようですが、通常は九州から南西諸島(奄美や沖縄など)、それに台湾といった主として南の地域に分布しているのだそうです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

撮影日:2016/09/25
撮影地:巾着田近くの民家(埼玉県日高市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


ところで黄色い花といえば、巾着田の上流・早咲き地点で年配のご夫婦がされていた以下のような会話を耳にしました。
夫:「そういえば、さっき見た黄色い“チューリップ”だけど...。」
妻:「違いますよ。あれは“菜の花”っていうのよ。」
いったい全体、彼らは何の花を見たのでしょうか??



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する