1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

白山比咩神社

撮影日:2016/08/17
撮影地:白山比咩神社 里宮(石川県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


18日、19日の白山登拝を前に白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)の里宮を訪れて登山の安全を祈願しました。
白山比咩神社は加賀国の一宮で、霊峰・白山(はくさん)それ自体が崇拝の対象とされています。

白山比咩神社に祀られる菊理媛神(くくりひめのかみ)は白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ)と同一視されており、全国に2,717社ある白山神社系の主祭神・白山(しらやま)さんとして親しまれています。
この菊理媛神ですが、記紀神話ではわずかに『日本書紀』の一書(あるふみ)の記載でのみ触れられているに留まりますが、黄泉の国のイザナミに会いにいったイザナギがその変わり果てた姿を見るに及んで逃げ出そうとしたときに黄泉平坂(よもつひらさか)で両神の言い争いをうまくとりなした女神という興味深い役回りを与えられています。
物事の縺れを正し、諍いごとをうまく鎮めた神様が祀られているからなのか、この神社は訪れてみてとても清潔感というか清涼感というかそんなものを強く感じました。とても私好みの神社だったと思います。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

撮影日:2016/08/19
撮影地:白山室堂の白山比咩神社奥宮祈祷殿と後方に聳える最高峰・御前峰(石川県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


先ほど触れたように霊峰・白山は山全体が白山比咩神社の御神体ということになっており、その山頂には白山比咩神社の奥宮が鎮座します。登拝シーズン中でお日の出(※白山では御来光をこう呼びます)を拝めそうな日にはその1時間前に室堂の祈祷殿で太鼓が打ち鳴らされ、その合図とともに登山者たちがまだ薄暗い中を標高差250メートル上の最高峰・御前峰(ごぜんがみね/2,702メートル)の山頂へと向かいます。

この日は残念ながら東の空が厚い雲に覆われており、お日の出をはっきりとは拝めませんでした。それでも神職の合図で万歳三唱した後、奥宮の前で神饌の儀などの神事が執り行われ、祝詞が上げられて、参列者たちに御神酒が振舞われました。



撮影日:2016/08/19
撮影地:白山御前峰山頂の白山比咩神社奥宮(石川県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する