1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

影富士と南アルプスの眺め

撮影日:2016/08/07
撮影地:富士登山 山頂・西安河原(静岡県、山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


御来光の後は、通常の時計回りとは逆に御鉢巡り(おはちめぐり)...つまり御鉢または大内院と呼ばれる山頂の巨大な火口を一周することにしました。
小内院といわれるもうひとつの火口のすぐ左横を通り過ぎて西安河原(にしやすのかわら)と呼ばれる火口棚の縁に当たるところへと上がってきました。そこは大沢崩れという富士山の西面に刻まれた荒々しい巨大な谷を見下ろせるところなのですが、御来光直後にはこの方角に巨大な影富士が伸びるのです。

この日、御来光の上がった東側は雲海が広がっていましたが、反対の西側はというと雲もほとんど無く晴れ渡っていました。そして下界に伸びた影はハッキリと富士山のそれとわかるくらいに綺麗な三角形を画いていたのでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

撮影日:2016/08/07
撮影地:富士登山 山頂・西安河原(静岡県、山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


また、影富士とともに美しかったのがその向こうに連なる南アルプスの眺め。北の甲斐駒ヶ岳からはじまり、白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)、塩見岳、荒川三山(荒川東岳=悪沢岳、荒川中岳など)、赤石岳、聖岳等々...。(※上の写真に入っているのは北岳より南の山々)
そして農鳥岳や塩見岳のさらに奥には、ちょうど1週間前に訪れた中央アルプスの山々が見えていました。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。