1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

三猿

撮影日:2016/05/21
撮影地:東照宮(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


日光東照宮の建物群は数々の彫刻で飾られていますが、その中でも最も有名なものはといえば奥社入口を飾る「眠り猫」と神厩舎(神馬の馬小屋)にあるこの「三猿」でしょう。
“最も有名”などとは言いながらも、このふたつのうちのどちらかに絞るなんて事はとてもできそうにありません(笑)

三猿、すなわち「3匹の猿」というモチーフ自体は古代エジプトやインドやカンボジアのアンコールワットなどにも見られるものですが、明治以降この彫刻が海外に紹介されてからというもの世界的にもっとも有名な三猿のひとつとされるようになりました。実際、各国語版のウィキペディアなどを見るとこの日光東照宮三猿が筆頭に挙げられていることが多いようです。
三猿は別名「見ざる聞かざる言わざる」としてよく知られていますが、日本語だと偶然にも「○○ざる」と「猿」が掛詞みたいになっていてとても面白いですね。
この三猿、実は神厩舎を飾る8つの猿の彫刻のうちで2番目のもの。全体で人間の一生を表しているとされ、この「見ざる聞かざる言わざる」は幼少期を示しており「小さい頃には何にでも興味が湧くが、悪事を見たり、悪事を聞いたり、悪事を言ったりしない。良い事だけを受け入れて素直な心で育っていくように」という意味が込められているのだそうです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する