1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

【特別企画】瀧尾神社

撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


瀧尾神社(たきのおじんじゃ)は、日光二荒山神社の別宮です。本宮、新宮(現在の二荒山神社)とともに日光三社権現のひとつで、女峰山の女神、田心姫命(たごりひめのみこと)を祀っています。また、神社の入口前が女峰山登拝道(登山道)の出発点にもなっています。
この神社は弘仁11年(820年)に弘法大師が創建したと伝えられ、明治4年の神仏分離までは楼門に大師の筆といわれる「女体中宮」の額が掲げられ、仁王像が安置されていたといいます。

境内には、7棟の国指定重要文化財(本殿、唐門(附 石玉垣)、拝殿、楼門、鳥居(社殿正面=通称 運試しの鳥居)、鳥居(神木三本杉前)、鳥居(霊石子種石前))をはじめ、他にも影向石(ようごうせき)、石橋(=通称 無念橋)、酒の泉など、見どころも沢山あります。

この神社は「日光の聖地」などといわれるごとく非常に強い力を秘めた場所としてしられます。また、昨今のパワースポット・ブームとも相俟って、知る人ぞ知る日光最高の気場としてここを訪れる人も増えているようですが、それでも日光三内の中心地からは2キロほど離れているため東照宮などとくらべればまだまだ人も少なくその分深遠で厳かな雰囲気を味わえるものと思います。ここを訪れようとされる方は、爽やかな空気感が心地よい朝早い時間帯(9時より前)が断然オススメですよ。
ちなみに、400年前に東照宮ができて江戸などからお参りにくる人々が増加するより以前には、この瀧尾神社が日光巡礼の最終目的地のひとつとされることも多かったそうです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 日光三内中心地からの道を歩いてくると、神社手前左手奥に白糸の滝が見える(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 白糸の滝は弘法大師修行の場とされる(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 運試しの鳥居。小石を3回投げて中央の穴に入るかどうかで運を試す(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 楼門(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 拝殿(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 唐門と本殿(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 本殿。その裏に三本杉があり、更にその先に女峰山が聳える(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 霊石・安産子種石(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 酒の泉と稲荷神社(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 霊水・酒の泉(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 稲荷神社(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 三本杉の辺りは境内最高のパワースポット(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2016/05/21
撮影地:瀧尾神社 この日、三本杉の前に立つとなんとも言えない清々しい気が感じられた(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(427×640ピクセル)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する