1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

四本龍寺

撮影日:2016/05/21
撮影地:四本龍寺(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


天平神護2年(766年)大谷川を渡った勝道上人一行は、日光の地に草庵を結び四本龍寺(しほんりゅうじ)を建てました。本宮神社に男体山の神を祀る前年のことで、この四本龍寺が後の輪王寺の元となった寺院です。境内には「日光山草創四本龍寺」の石標もあり、まさにこの寺こそが古より続く信仰の対象としての日光発祥の地となるのです。
その後、大同2年(807年)下野国司の橘利遠が千手観音を祀る堂を建立しました。千手観音は本地垂迹説(神とは、仏が人々を救済するために仮に姿を変えて現れたものとする説)において男体山の神・大己貴命(おほなむちのみこと、大国主命の別名)と同一視される菩薩です。

現在、四本龍寺は本宮神社のすぐ裏手にあり、日光二社一寺(輪王寺、二荒山神社、東照宮)の建造物で唯一の素木造となる貞享2年(1685年)建造の観音堂と、それとは対照的な鮮やかな朱塗りの三重塔とが建っています。また前者は下野三十三観音巡りの第三番札所となっています。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する