1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【シリーズ・日本の世界遺産】神橋

撮影日:2016/05/21
撮影地:神橋(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


日光の表玄関ともいえる神橋には、日光を開山した勝道上人が大谷川を渡ることができなかったため神仏に祈ったところ深沙大王(じんじゃだいおう)が現れて赤青2匹の蛇を投げて橋に変え、その上に山菅を生やして上人を渡したという言い伝えがあります。
真偽のほどはともかく、この丹塗りの橋は周囲の木々の緑や大谷川の清流によく映えてとても美しく、そんな伝説もさもありなんと思わせてしまうような不思議な魅力があります。

神橋は東照宮造営を機に現在に近い形の石造橋脚を有する構造で架け替えられましたが、明治35年(1902年)の足尾台風による洪水で流されてしまいました。現在の橋は明治38年(1905年)に架けられたものとなります。
かつては勅使、将軍、入峰者以外は渡ることができませんでしたが、いまでは入場料を払えば誰もが渡ることができます。※大人300円、高校生200円、小・中学生100円

ちなみに、二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)の原点となった本宮神社(ほんぐうじんじゃ)は、かつてこの橋の近くに鎮座していたともいわれています。

・登録名称: 日光の社寺/Shrines and Temples of Nikko
・登録年月: 1999年12月
・登録分類: 文化遺産

※こちらをクリックすると【シリーズ・日本の世界遺産】のインデックスをご覧いただけます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。