1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

残念だった立山

撮影日:2015/07/19
撮影地:立山 雄山山頂の雄山神社(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


4つ前の記事ですが...「残念だった立山」のタイトルに反してちょっと清々しい感じの写真を掲載していました。「これぢゃ、全然残念では無いだらう!」とツッコミいれられさうなので(笑)、タイトルを「ゼブラ模様」に変更させていただきました。

そして、今回の記事はまさしく「残念だった立山」の写真です。雄山神社の鳥居の真ん前からの撮影なのですが、ガスガスでなにがなんだかよく判りませんね...。雨も相当降っていました。
山歩きは時に、こんな悪天候の中を重い荷物を背負って前へと進んでいかねばならなかったりもするのです。

↓一応、晴れていればこんな風景が見られます。
2007/08/21 雄山神社峰本社
2015/05/06 立山にいってきました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

幻想的な、山頂の鳥居もいいものですね。

 立山には、3度行きましたが、行くたび、一日は、必ず、ガスか雨に見舞われると言うジンクスがあります。信仰の山にしては、相性があまり良くないように思われます。これも、信仰心のたらなさからでしょうか。一度、天気の良い日に行って、山頂からの眺望・ご来光を楽しみたいですね。

inomasa_1104 | URL | 2015年08月13日(Thu)00:15 [EDIT]


inomasa_1104さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
今回の立山はあまり天候に恵まれずちょっと残念でしたね。

私も色々な山で雨に降られたりガスで景色が見えずに残念な思いをしました。
特に残念でつらかったのは、2009年7月の初めての北岳登山の時でしょうね。
登山口の広河原からずっと雨で稜線は暴風雨、その上肩ノ小屋は大混雑で座って落ち着くだけのスペースもままならずやっと寝床を確保できたのは22時半過ぎでした。
思い返してみれば、北アルプス一の急登で裏銀座出発点のブナ立尾根(2008年8月)も、別山尾根から登った剱岳(2011年8月)も雨でした。
でも、そんな苦労をしたときの事って却ってあとからも鮮明に思い出されたりするから不思議ですよね。

Newman | URL | 2015年08月13日(Thu)17:15 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。