1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

笠森観音

撮影日:2015/05/23
撮影地:笠森観音(千葉県長生郡長南町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


2週間ほど前にその噂を聞いてから行ってみたいと思っていた笠森観音へいってきました。

千葉県の長南町にある大悲山笠森寺は伝承によると奈良時代末期の延暦3年(784年)に創建されたといわれる古刹です。本尊の十一面観音をお祀りしていることから笠森観音と呼ばれています。
観音様を安置している観音堂は国の重要文化財に指定されており、四方懸造といわれる我が国唯一の様式の建物は大変奇抜で目を引きます。61本もの柱を直に岩盤に立てたその上に堂を載せた造りで、しかも通常の舞台式の懸造の建物(京都の清水寺本堂や奈良県桜井の長谷寺本堂など)とは異なり、建物の4面すべてがこのような柱で支えられているという大変特異な構造なのです。
平安後期(長元元年/1028年)に造られたもののその後焼失し、現在残る観音堂は文禄年間(1592年-1595年)に再建されたものですが、それでも江戸時代に入ってから造られた同じ懸造(しかも1面のみ)の清水寺本堂(清水の舞台)や長谷寺本堂よりは古い建築物となります。

ちなみに堂まで上がる階段は大変急でしたが、上に登ると房総の豊かな森に囲まれた景色を見渡せ(周囲の笠森寺自然林は永年保護されてきた暖帯残存林として国の天然記念物に指定)、また観音堂の中をぐるり一周できるなどとても楽しめました。一見の価値ある建物です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

撮影日:2015/05/23
撮影地:笠森観音(千葉県長生郡長南町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2015/05/23
撮影地:笠森観音(千葉県長生郡長南町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2015/05/23
撮影地:笠森観音(千葉県長生郡長南町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2015/05/23
撮影地:笠森観音(千葉県長生郡長南町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。