1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

両神山にいってきました。

撮影日:2014/05/09
撮影地:両神山頂(剣ヶ峰)隣りのピークより剣ヶ峰を望む(埼玉県秩父郡小鹿野町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


職場の登山仲間と3人で秩父の両神山にいってきました。

昨年はひとりで八丁尾根を歩いたのですが、今年は日向大谷から清滝小屋を経て山頂まで続くいわゆる表参道のルートをいきました。古来山岳信仰の舞台となった両神山の表参道だけあって、途中に丁目石(※註)という信仰登山上のマイルストーンのようなものがいくつもあったりするなど往時の様子を偲ばせる道のりでした。
また、このコースは片道5キロほどの長さの割りに標高差は1,100メートルあり、清滝小屋より上は急坂や鎖場などの連続するなかなか歩き応えのあるルートでした。

今回は天気があまり良くなかったにもかかわらず山頂は常に多くの人で賑わっており、そう広くはない岩場の山頂に上がるのも順番待ちといった感じで実際10分以上待つこととなりました。昼食をいただくスペースをとることも難しかったため、三角点のある山頂(1,723メートル)からさらに先へ進んで一度下った奥にある隣りのピーク(八丁尾根寄り)へ移動してしばし休むことにしました。

この時季の両神山ならではのアカヤシオ(ヤシオツツジの一種)ですが、今年はちょっと遅いようでまだまだ咲いている花も少なかったのがちょっと残念でした。


※註:両神山の丁目石(ちょうめいし)は、日向大谷の登山口(両神神社の里宮が鎮座する)から昔修験者たちが修行をした清滝(現在の清滝避難小屋付近)までの間にだいたい1町(109.09メートル)ごとに置かれた碑で全部で36箇所ある。丁目石には「○○童子」と刻まれており、いずれも不動明王の弟子である各童子に導かれて清滝まで登るというスタイルをとっているようである。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する