1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

【シリーズ・日本の世界遺産】平等院鳳凰堂

撮影日:2014/11/23
撮影地:平等院鳳凰堂(京都府宇治市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


10円玉のデザインでもお馴染みの宇治平等院鳳凰堂です。
平成24年(2012年)9月3日から平成26年(2014年)3月31日まで屋根の葺き替え・柱などの塗り直し修理がなされ、今年の10月1日に落成式が行なわれ修理工事が完了したばかりです。この平成の大修理の模様は鳳翔館(宝物館兼売店)にパネル展示されており、桧皮や瓦の葺き替えをはじめ柱などの丹塗りの様子や損壊箇所の修復作業について等を詳しく窺い知ることができました。古の匠の技術を現代に受け継いだ宮大工の方々の丁寧で緻密な作業には頭が下がる思いです。

(以下、パンフレットより抜粋)
平等院は永承7年(1052年)、関白藤原頼通によって父道長の別荘を寺院に改め創建されました。その翌年の天喜元年(1053年)に阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂が建立され、その建物が現在鳳凰堂と呼ばれている、経典に描かれる浄土の宮殿をイメージした、優美で軽快な建物です。
鳳凰堂は、中堂・左右の翼廊・尾廊からなる、他に例を見ない建物です。堂内には、平安時代を代表する仏師定朝の作であることが確実な現存唯一の仏像、本尊阿弥陀如来坐像をはじめ、雲中供養菩薩像52体、9通りの来迎を画いた壁扉画など、平安時代・浄土美術の頂点が集約されています。

・登録名称: 古都京都の文化財/Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji and Otsu Cities)
・登録年月: 1994年12月
・登録分類: 文化遺産

※こちらをクリックすると【シリーズ・日本の世界遺産】のインデックスをご覧いただけます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する