1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

御殿庭

撮影日:2014/08/22
撮影地:富士登山 御殿庭上(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


宝永火口の下にある御殿庭(ごてんにわ)。かねてよりいってみたいとは思っていたもののなかなか機会がなく、今回下山の途中でやっと訪れることができました。
この辺りは、平安時代ころから辿られ始めたともいわれ室町時代には利用されていたとの記録も残っている富士山最古の須山口登山道というルートの途上ですが、須山口登山道は宝永4年(1707年)の宝永火山の噴火によってこのすぐ上部が吹き飛ばされてしまい消滅しました。

一般に富士山は高山植物が少ないことでしられていますが、この御殿庭では富士山においては珍しいお花畑を見ることができます。
ここに群生しているのは荒れた土壌に真っ先に根付くイタドリとその一種で赤い花が咲くメイゲツソウが主で、そのイタドリが開拓した土壌にあとから進出してきたキク科のキオンの黄色い花がイタドリの合間にあってよく目立ちました。それ以外だと、マメ科のイワオウギや須走ルートで多くみられるヤマホタルブクロ等が点在していました。

この御殿庭にはカラマツの潅木が多く生えており、頭上の富士山頂部と右前方の明るい色をした宝永山を借景に、なんとなく日本庭園のような趣きでまさに「庭」と呼ぶに相応しい雰囲気を醸し出しています。
秋が深まるとこのカラマツの葉が黄色く色づくのでしょうから、その時季にやってくるとまた違った印象の眺めとなるのかもしれませんね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。