1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木曽駒のコマクサ

撮影日:2014/07/23
撮影地:木曽駒ヶ岳(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今回の木曽駒ヶ岳山行では、高山植物の女王と呼ばれるコマクサ駒草)の花を本峰山頂直下や頂上木曽小屋の付近で見かけました。そこで木曽駒ヶ岳コマクサの関係について帰宅してから調べてみたところ、過去の経緯など色々と興味深い事がわかりました。それらについてこの場を借りて簡単にご紹介したいと思います。

木曽駒ヶ岳には元々コマクサがなかったか、もしくはあってもコマクサに薬効があるものと信じられたため薬草として採り尽くされてしまいその後は絶えてしまったのではないかと考えられているそうです。実際、昔からコマクサやトウヤクリンドウ(当薬竜胆)などを大いに効能ありと信じて薬草採りの人たちが乱獲してしまうといったことが日本各地であったようです。
木曽谷を挟んですぐ近くに聳える御嶽山では継子岳のコマクサ群生地なども有名ですから、恐らくは木曽駒ヶ岳にも固有のコマクサが自生していたのでしょう。

ところで、今日の木曽駒ヶ岳にあるコマクサは昭和後期になってから北アルプスの蓮華岳と群馬の本白根山のコマクサをそれぞれ移植したものなのだそうです。
前者は、駒ヶ根営林署員が大町博物館から蓮華岳のコマクサの種を入手して1977年(昭和52)年に宝剣岳と中岳の間に建つ天狗山荘裏に蒔いたものだとの事ですが、思ったほどには繁殖せずこの試みはじきに中止となったようです。
もう一方の本白根山(もとしらねさん)のコマクサは、山口雄平氏という一開拓農家の夫妻がほぼ30年かけて本白根山に復元させたものを1982年(昭和57)年から2年に渡り木曽駒ヶ岳に移植したものです。中岳と駒ヶ岳本峰との間辺りに植えられて現在に至ります。こちらのコマクサは品種改良の過程で色の濃いものを残していったため赤色が強いのが特徴で、山口氏の出願により2002年(平成14年)に「黎明」(※註)という美しい名で品種登録されています。
※註:登録上では黎明一号となっている(第158回品種登録

本文中の木曽駒ヶ岳とコマクサの話ならびに山口雄平氏のことにつきまして、下記サイトの記事を大いに参考とさせていただきました。
○中央アルプス・イラスト山岳マップ 「赤いコマクサ」



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

撮影日:2014/07/23
撮影地:木曽駒ヶ岳 今回見たコマクサの中ではもっとも色の濃かった本白根山系黎明種(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


撮影日:2014/07/23
撮影地:木曽駒ヶ岳 頂上木曽小屋付近にて 蓮華岳系統のものか(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。