1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

コマウスユキソウ

撮影日:2014/07/23
撮影地:木曽駒ヶ岳(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今回の木曽駒ヶ岳山行でぜひ見たいと思っていたのが、コマウスユキソウ(駒薄雪草)の花でした。

一般的にヒメウスユキソウ(姫薄雪草)の名でしられるこの花は、頭花の数も1から3個と少なめで、頭花を囲む苞葉も短く、全体の直径は2センチほど。その名の通り他のウスユキソウの仲間よりもかなり小振りです。
中央アルプス特産の種で木曽駒ヶ岳でよく見られることから別名のコマウスユキソウ(駒薄雪草)の名がつきました。

木曽駒ヶ岳山頂付近の群生地ではいまが見ごろで斜面に沢山咲いているのが見られましたが、実は千畳敷カールから稜線の乗越浄土へと上がる八丁坂の途中の岩場にも結構な数咲いていたのがちょっと意外でした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

撮影日:2014/06/23
撮影地:木曽駒ヶ岳(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014年07月26日(Sat)12:56 [EDIT]


Newman 様
こんばんは、わたしも4年前の7月にそちらでコマウスユキソウを見ました。今回のスイス旅では本場のエーデルワイス(Edelweiss)も見ることが出来ました。直訳の意味は「高貴な白」だそうです。

高山植物はどこでも美しいですね。

ころぼっくる | URL | 2014年07月26日(Sat)23:28 [EDIT]


鍵コメさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

今回の木曽駒は本当に沢山の花々を見ることができましたね。
夏には夏山の、秋には秋山のといった具合に、季節ごとそれぞれの美しい風景を楽しめるのが日本の山の魅力だと思います。

Newman | URL | 2014年07月27日(Sun)21:19 [EDIT]


ころぼっくるさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

実は、木曽駒に向かう数日前にころぼっくるさんの「千畳敷カール」の記事を再度読ませていただいておりました。
ころぼっくるさんは千畳敷カールから極楽平の方へと向かわれたのでしたね。
私が歩いた八丁坂の方にもコマウスユキソウは結構ありました。

エーデルワイスの美しい写真も先日のスイスの旅の記事で拝見させていただきました~♪
私は割と語学の話が好きで、エーデルワイスの語源については以前「ミネウスユキソウ...それと語源の話など(http://onephoto.blog48.fc2.com/blog-entry-728.html)」という記事で色々と書かせていただきました。

Newman | URL | 2014年07月27日(Sun)21:33 [EDIT]