1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

木曽駒ヶ岳にいってきました。

撮影日:2014/07/23
撮影地:木曽駒ヶ岳山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


中央アルプスの最高峰、木曽駒ヶ岳(2,956メートル)にいってきました。あえて「登ってきた」と言わないのは、標高2,612メートルの千畳敷カールまでロープウェイで一気に上がってしまったからです(笑)

今回の木曽駒行きの目的のひとつは「高山植物」。この時季に多く見られるという花々を求めての山旅でしたが、その甲斐あって千畳敷カール内で、稜線で、あるいは山頂の周辺で非常に多くの種類の可憐な花々と出会うことができました。
木曽駒で今回出逢えた高山植物たち(開花していたもの)
アオノツガザクラ、イワウメ、イワツメクサ、イワヒゲ、イワベンケイ、ウラジロナナカマド、オオカサモチ、オヤマノエンドウ、オンタデ、キバナノコマノツメ、キバナシャクナゲ、クモマスミレ、クロユリ、コイワカガミ、コケモモ、ゴゼンタチバナ、コマウスユキソウ(ヒメウスユキソウ)、コマクサ、シナノキンバイ、ショウジョウバカマ、タカネツメクサ、タカネザクラ(ミネザクラ)、チングルマ、ツガザクラ、ハイマツ、ハクサンイチゲ、マイヅルソウ、ミツバオウレン、ミネズオウ、ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマシオガマ、ミヤマダイコンソウ、ヨツバシオガマ
※上記以外にも、ロープウェイしらび平駅周辺やそこまで向かうバスの車窓からシモツケソウ、ヤマアジサイ、ヤマホタルブクロなどが沢山見られました。

なお、楽しみにしていた千畳敷カールのコバイケイソウ群落は昨年が当たり年だったらしく見ることができず(※コバイケイソウは2~3年に1度だけ当たり年があるといわれています)、葉っぱの奥の花芽を確認できたものがあったに留まりました。残念!



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する