1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

御来光

撮影日:2014/06/15
撮影地:南八ヶ岳縦走 硫黄岳鞍部(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


15日の朝は快晴でした。いつものごとく今回も御来光を拝むためにちょっと早起きして父とふたりで小屋(硫黄岳山荘)の外へと出ました。小屋から硫黄岳の方へ少し歩いたケルンの積まれた辺りがちょうど窪んでいてある程度風を避けられたので、そこで御来光を待つことにしました。

4時25分頃、奥秩父の山並みよりもやや北の雲が低い高度に立ち込めたその奥から御来光が顔を現しました。太陽が上がると辺りは一気に明るくなり、それとともに吹きっさらしの稜線はやや風が強くなりました。
はっきりと丸い太陽がみるみる間に上昇していき、稜線伝いに南に見える阿弥陀岳の山頂はモルゲンロートに赤く染まりました。阿弥陀岳と中岳の間から遠く南アルプスの北岳と間ノ岳とがピンク色に染まっているのも見えます。梅雨の合間の晴れとなった素晴らしい1日の幕開けでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

撮影日:2014/06/15
撮影地:南八ヶ岳縦走 硫黄岳鞍部より山頂部が赤く染まった阿弥陀岳を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご来光の美

 登山の目的は数々ありますが、素晴らしい眺望のほか、神々しいご来光を見ることもその一つですね。朝日が、東雲から、顔を出す瞬間、私は、無意識に合掌します。この世に生きている事と、この場立って居る事に感謝しながら・・・

inomasa | URL | 2014年07月01日(Tue)13:21 [EDIT]


inomasaさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

神々しいまでの御来光を目の当たりにすると
手を合わせたくなる気持ち、よくわかります。
さまざまな事に感謝したくなりますよね。

また一緒に素晴らしい御来光を見にいきましょう!

Newman | URL | 2014年07月03日(Thu)07:49 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。