1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本寺の大仏

撮影日:2014/01/04
撮影地:乾坤山 日本寺(千葉県)
別ウィンドウで写真を拡大(427×640ピクセル)


初詣第2弾ということで、房総の鋸山にある日本寺(にほんじ)にお参りしてきました。

寺伝によれば日本寺はいまから1,300年もの昔、聖武天皇の勅詔と光明皇后の御言葉を受けて神亀2年(725年)6月8日高僧行基菩薩によって開かれた関東最古の勅願所とされています。
この日本寺は本尊の薬師瑠璃光如来大仏(磨崖仏)が有名で、その大きさは奈良東大寺の大仏(盧舎那仏/鋳造仏)の総高18.18メートルよりも大きく31.05メートルあります。
(全高120メートルある牛久大仏(阿弥陀如来/鋳造仏)にはさすがに及びませんが...)


(以下、案内板より)
大仏  薬師瑠璃光如来
 この大仏さまは、宇宙全体が蓮華蔵世界の浄土であることを現し、人々の本性の限りない解脱自由と、世界平和万世太平の大象徴であります。
 原型は天明三年に名工大野甚五郎英令を頭梁として彫刻完成されましたが、惜しくも江戸時代の末期に自然の風蝕と岩石の亀裂によって著しく崩壊し、その後荒廃にまかされておりました。
 昭和四十二年、二紀会審査員(故)八柳恭次郎氏の指導を受けて復元工事に着手し、昭和四十四年六月に現在のお姿に彫刻再現されました。名実ともに日本最大の磨崖仏であります。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。