1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【シリーズ・日本の世界遺産】宇治上神社 本殿

撮影日:2017/10/09
撮影地:宇治上神社 本殿(京都府宇治市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


宇治上神社は、応神天皇とその皇子である仁徳天皇および菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと) を祀る古社です。

本殿は平安後期の藤原時代のものとされ、現存する日本最古の神社建築とされています。3棟の内殿(向かって左から仁徳天皇、中央が応神天皇、右が菟道稚郎子命を祀る)を並べて、それらを流造の覆屋で包むという一風変わった様式をいまに伝えています。
3つの社殿を横ひとつに繋いだ珍しい神社建築というと、ほかに思い浮かぶものとして吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)の本殿(※記事はこちら)なども挙げられますね。

・登録名称: 古都京都の文化財/Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji and Otsu Cities)
・登録年月: 1994年12月
・登録分類: 文化遺産

※こちらをクリックすると【シリーズ・日本の世界遺産】のインデックスをご覧いただけます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

【シリーズ・日本の世界遺産】唐招提寺 金堂

撮影日:2017/10/08
撮影地:唐招提寺 金堂(奈良県奈良市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


古都・奈良の寺院の中でかねてより「いつかは訪れたい」と思いつつ、結局いままで行かず仕舞いだったのが唐招提寺でした。
2007年の秋に中学校の修学旅行以来数十年振りで奈良へやってきた際には、ぜひともこの唐招提寺も参拝したいものだと思っていたものの、実はこの時は金堂が修復工事中だった為「また次の機会に」などと思いつつ...そのまま更に10年が過ぎてしまいました。

高校1年生(15歳)の時に井上靖の『額田女王(ぬかたのおおきみ)』という小説を読んでからというもの、彼の歴史小説...とりわけ「西域もの」にどっぷりとハマった時期があり、『敦煌』、『蒼き狼』、『風濤(ふうとう)』、『楊貴妃伝』、『楼蘭』などを続けざまに読み漁ったことがありました。そんな中で『額田女王』の次に読んだのが『天平の甍(いらか)』でした。本邦への鑑真和上招来を題材にした名作でした。
現在も手元にある『天平の甍』の文庫本は改版される以前の活字の小さなもので、現行の文庫本では巻末に沢山の注がついているようですが、それもありません。そして価格はなんと280円!いまは529円するのだそうですので倍近くなったのですね。そんな事にも時の流れを感じてしまいます(苦笑)

閑話休題、その鑑真和上所縁(ゆかり)の唐招提寺を今回の旅でようやくと訪れることができ、しかもお寺自体の雰囲気も申し分なくて感慨無量でした。

・登録名称: 古都奈良の文化財/Historic Monuments of Ancient Nara
・登録年月: 1998年12月
・登録分類: 文化遺産

※こちらをクリックすると【シリーズ・日本の世界遺産】のインデックスをご覧いただけます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

法隆寺 金堂と五重塔

撮影日:2017/10/07
撮影地:法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今月7日から9日にかけて、斑鳩、奈良そして宇治を旅してきました。
当然のことながら数多くの寺社仏閣を訪れて何枚もの写真を撮ってきたのですが...。カメラの設定が変だったのか、写真のほとんどがオーバー気味に白飛びしていて酷い出来でした。RAWから現像してもちょっと修復が難しそうなものばかりです(泣)

苦肉の策とでも言いますか、この法隆寺西院伽藍の金堂五重塔の写真は当ブログ初のモノクロームにしてみました(苦笑)
建物上部の白飛びがホント百年くらい前の写真のようです(爆)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。