1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

吉高の大桜

撮影日:2017/04/15
撮影地:吉高の大桜(千葉県印西市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


千葉県内では数少ない一本の名木としてしられる吉高の大桜。畑の一角に佇んで小山のようなドーム型の美しい姿を見せるヤマザクラの古木です。
こちらのヤマザクラはソメイヨシノよりも1週間から10日ほど遅れて見頃を迎えます。花自体の色は白くて同時に赤い若葉が出ることから、離れたところから眺めると薄ピンク色に染まったように見えるのです。その点も含めの名所として有名な奈良県吉野のシロヤマザクラとよく似ています。

この吉高の大桜は、開花期間が大変短く満開の状態は2~3日しか続かないという何気に気難しいなのですが、昨日満開を迎えたとの情報を得て「夕刻の強い陽の光に照り映える姿を見たい」とちょっと遅めの日の傾く時刻に合わせていってみることにしました。


<案内板より>
印西市指定天然記念物
吉 高 の 大 ザ ク ラ
指 定 昭和五十六年十月十五日
所在地 印西市吉高九三〇番地
所有者 須藤家(屋号 文左衛門)

 本樹の樹種はヤマザクラで、樹齢は三百年以上と推定されます。
 樹木の形状は、株立状の独立木で、根回り周囲六・六五m、樹高十一・七m、枝張最大幅二十四・五mあります。花期は四月中旬から下旬で、ソメイヨシノよりは遅れます。
 根元周囲は、所有者須藤家の祭祀場(氏神)として周辺より一mほど小高く塚状に盛土されており良好な環境条件に恵まれて樹勢を拡大してきました。
 今後も良好な樹勢を保てるよう皆様のご協力をお願いいたします。

平成十一年二月
印西市教育委員会



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop