1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

狩宿の下馬桜

撮影日:2017/04/19
撮影地:狩宿の下馬桜(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


日本五大桜(※)のひとつ、狩宿の下馬桜。樹齢800年を超えるといわれ日本最古のヤマザクラとしてしられます。
の名所・吉野のものと同じアカメシロヤマザクラで白い花が咲くのと同時に赤い芽が出ることから、遠目にはそれらが合わさって淡いピンク色に見えるのです。

実は、16日に富士山麓の浅間神社巡りをした際に一度この狩宿の下馬桜にも立ち寄ってみたのですが、まだ三分咲き程度の状態でした。富士宮市によるとその2日後の18日に満開となったとの事でしたので、翌19日に再度見に訪れてみることにしました。結果は満開ではあったものの暑い日が2日続いたこともあってか落花も盛んで、風が吹くたびに花吹雪が舞っているのが却ってなかなかに趣きがありました。
また、この日は3日前の訪問時以上に富士山がくっきりと見えていましたので、前もって考えていた「狩宿の下馬桜と菜の花越しの富士山」という構図で撮影してみることにしました。


<案内板より>
狩 宿 の 下 馬 桜
国 指 定 特別天然記念物
指定年月日 昭和二十七年三月二十九日

 この地は「狩宿」といわれ、建久四年(一一九三年)源頼朝が、富士の巻狩の際に陣屋を設けた所と伝えられる。頼朝の本陣(宿所)は井出館におかれ当時の館は、現在の井出家の北東側にあった。
 「狩宿の下馬桜」は、別名「駒止めの桜」と呼ばれ、頼朝が桜の枝に馬をつないだと伝えられる。
 この桜は赤芽のシロヤマザクラで、花序四・五センチメートル、花径三センチメートル。開花時時期は四月十日から二十日頃である。
 かつては、目通り八.五メートル、枝張り東西二十二メートル、南北十六メートルの巨木であったが、たびかさなる台風等により損傷し、往時の雄姿はしのばれない。しかし、近年若芽の成長により樹勢を盛り返している。

  あはれその
    駒のみならず見る人の
      心をつなぐ山桜かな
             徳川十五代将軍 慶喜詠


*   *   *

※日本五大桜(うち上の3つが三大桜)の写真がすべて揃いました。

山高 神代桜
 
・【特別企画】山高神代桜

根尾谷 淡墨桜
 
・根尾谷の淡墨桜

三春 滝桜
 
・三春滝桜 その1
・三春滝桜 その2
・三春滝桜 その3
・【特別企画】三春滝桜
・満開の三春滝桜を見てきました。

狩宿 下馬桜
 
・狩宿の下馬桜

石戸 蒲桜
 
・石戸蒲ザクラ



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

新倉山浅間公園

撮影日:2017/04/19
撮影地:新倉山浅間公園(山梨県富士吉田市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)は近年とても有名になった富士山眺望スポット 兼 花見スポットで、公園全体で360本のソメイヨシノが植えられており、の季節には大変多くの人びとで賑わいます。
とりわけ昭和37年(1962年)に戦没者慰霊のために建てられた忠霊塔という鉄筋コンクリート製の五重塔の付近は「富士山と五重塔」というシンボリックな日本の風景を満喫できるとあって大人気で、インターネット上で写真が広まったこともあり大変多くの外国人観光客が訪れます。

地元の方の話では、この日は朝5時過ぎの日の出からずっと富士山の周りを厚い雲が取り巻いており私が到着した頃も依然として山頂部が雲に覆われてしまっていました。そのため忠霊塔の上に位置する撮影スポットの狭い展望デッキは「富士山の出待ち状態」で人の列が流れずに想像を絶する混雑ぶりでした。私もまた、11時を過ぎてようやく富士山頂部の雲が晴れるようになるまでは周辺で出待ち(笑)し、まさに粘り勝ちでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

富士山麓 浅間神社巡り

撮影日:2017/04/16
撮影地:富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


昨夏に富士山頂の浅間大社奥宮で御朱印をいただいてからずっと考えていた事なのですが、このたび富士山麓に点在する浅間神社のうちで世界遺産の構成資産に選定されている8社を訪れる「浅間神社巡り」に出掛けてきました。
※「富士山頂の御朱印」の記事はこちら

今回の浅間神社巡りは静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社から開始し、山宮浅間神社、村山浅間神社、須山浅間神社冨士浅間神社(須走浅間神社)、北口本宮冨士浅間神社、冨士御室浅間神社、河口浅間神社の順に富士山からみて南回りに東へと辿っていくことにしました。

最初に訪れた富士山本宮浅間大社では境内の桜がまさに満開で見事でした。浅間神社の祭神である木花之佐久夜毘売命(コノハナサクヤヒメノミコト、木花咲耶姫命)はその名の通り桜の花を神格化した女神とされますから、旅の出発点からまるで祝福されているかのようで気持ちが上がりました(笑)
また実際この富士山の女神の祝福を受けての事なのか、この日は最後の河口浅間神社を詣でて帰りに河口湖畔に車を走らせるまでずっとくっきりと美しい富士山の姿が望まれたのでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

吉高の大桜

撮影日:2017/04/15
撮影地:吉高の大桜(千葉県印西市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


千葉県内では数少ない一本の名木としてしられる吉高の大桜。畑の一角に佇んで小山のようなドーム型の美しい姿を見せるヤマザクラの古木です。
こちらのヤマザクラはソメイヨシノよりも1週間から10日ほど遅れて見頃を迎えます。花自体の色は白くて同時に赤い若葉が出ることから、離れたところから眺めると薄ピンク色に染まったように見えるのです。その点も含めの名所として有名な奈良県吉野のシロヤマザクラとよく似ています。

この吉高の大桜は、開花期間が大変短く満開の状態は2~3日しか続かないという何気に気難しいなのですが、昨日満開を迎えたとの情報を得て「夕刻の強い陽の光に照り映える姿を見たい」とちょっと遅めの日の傾く時刻に合わせていってみることにしました。


<案内板より>
印西市指定天然記念物
吉 高 の 大 ザ ク ラ
指 定 昭和五十六年十月十五日
所在地 印西市吉高九三〇番地
所有者 須藤家(屋号 文左衛門)

 本樹の樹種はヤマザクラで、樹齢は三百年以上と推定されます。
 樹木の形状は、株立状の独立木で、根回り周囲六・六五m、樹高十一・七m、枝張最大幅二十四・五mあります。花期は四月中旬から下旬で、ソメイヨシノよりは遅れます。
 根元周囲は、所有者須藤家の祭祀場(氏神)として周辺より一mほど小高く塚状に盛土されており良好な環境条件に恵まれて樹勢を拡大してきました。
 今後も良好な樹勢を保てるよう皆様のご協力をお願いいたします。

平成十一年二月
印西市教育委員会



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

目黒川の桜並木

撮影日:2017/04/12
撮影地:目黒川(東京都目黒区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


東京都目黒区の目黒川沿いには、毎年豪華な花を咲かせる並木が4キロメートルほどに渡って約830本も植えられています。古くは昭和初期に有志を募ってソメイヨシノが植樹されたのが元で、その後代替わりも含めて3代目のが育つに至っているのだそうです。

都内の有名なの名所ではありますが、これまでの季節に訪れたことはありませんでした。ところが今朝の時点でまだ「見頃」とのことでしたので、都内で所用を済ませた夕方17時頃に訪れてみました。
正直なところ木によってはだいぶ葉が出てきてしまっており、花も「やや散り始め」の感はありました。とはいえ、どの枝も依然多くの花をつけており、時折風が吹くと一斉に花吹雪が舞うというのがまたいかにもの花らしい“散り際の美しさ”でした。
コンクリートですっかり覆われた川の護岸を取り囲むように咲く大都会の。こんな景色も案外桜と似合うものなんだなと感じました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

千鳥ヶ淵の夜桜ライトアップ

撮影日:2017/04/06
撮影地:千鳥ヶ淵(東京都千代田区)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


東京でも随一の花見の名所となる皇居外苑・千鳥ヶ淵夜桜ライトアップを見にいってきました。

ここのは花をつけた枝の重みでお濠にまで触れてしまわんばかりのボリューム感で昼見ても素晴らしいのですが、夜のライトアップもまた幻想的で楽しめます。それに加え開催時間も日没から22時までとあって、夜は雨になるとの予報にも拘らずとても多くの人が訪れて有名な夜桜を楽しんでいました。

今年は対岸(皇居外苑側)に白くて強いLEDライトを沢山当て、手前(緑道側)では薄ピンク色のライトを上に向けて照らすという演出が目立ちました。これにより皇居外苑側とお濠の水面はかなり明るかったのですが、一方でこちら側のは肝心のお濠に垂れた枝の花々がちょっと暗くなってしまっていました。そのため、当ブログに以前掲載した2008年のライトアップ(※記事はこちら)などと較べると些か豪華さに欠け地味で単調な印象を受けたのがちょっと残念でした。

とはいえ十分に綺麗なライトアップであったことに変わりはありません。今回ちょっと多めに写真を掲載しましたので、どうぞご覧ください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

般若院の枝垂桜

撮影日:2017/04/05
撮影地:般若院枝垂桜(茨城県龍ケ崎市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


東京では例年より早く先月21日に開花宣言を迎えたソメイヨシノも、その後は気温の低い日が続いたこともあって開花がなかなか進まないといった感じでした。
一転きょうは1日中天気が良く気温も上がったので、都内の花見の名所各地でようやく一気に開花が進んだ模様です。

ソメイヨシノよりも少し早くに咲くことが多いヒガンザクラ系のも今年はどれも開花が遅いようですが、そんな中で茨城県龍ケ崎市の般若院枝垂桜が昨日満開を迎えたとのことでしたので、早速見にいってきました。
実はこの、2010年に一眼レフカメラでの撮影を始めた際に本格的な被写体として一番最初に撮ったものでした。でも、天気が曇天で薄暗かったのと、花も散り始めて一部葉が出始めた頃だったのとで、そのとき撮影した写真はすべてお蔵入りにしてしまったのでした。

今回は実に7年ぶりの撮影となったわけですが、上品な薄桃色の花も満開で枝の先には程よく蕾を残した状態、よく晴れて風もなく天気も申し分ない状況...と最高のコンディションで臨むことができました。


<案内板より>
般若院の枝垂れ

このシダレザクラ(枝垂れ)は、エドヒガン(江戸彼岸)の園芸品種で、しだれ性を持っている。
樹齢は、推定四百年といわれており樹高約十メートル、目通り幹囲約五メートル、枝張り東西約十五メートル、南北約二十二メートルで、枝垂れ桜の巨樹、老樹として県指定を受けたもので、開花時には美観を呈しており、毎年開花時には大勢の花見客が訪れ賑わいを見せている。

種   別 天然記念物 県指定文化財
指定年月日 昭和二十八年七月九日
所 在 地 龍ケ崎市根町三三四一番地
管 理 者 金剛山観仏寺般若院

龍ケ崎市観光協会



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop