1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

眠り猫

撮影日:2016/05/21
撮影地:東照宮(栃木県日光市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


東照宮の東回廊の中ほど、奥宮への参道の入口となる潜門の上にある眠り猫。初めて目にする人は、かの有名な彫刻が実物はこんなに小さかったのかと意外に思うかもしれません。

この眠り猫の彫刻は、名工左甚五郎作として数多くの逸話が伝えられています。曰く、最初は目を開いていたとか、実は禅の悟りの境地を意味するのだとか...。一般的な猫の彫刻は、獲物を狙って殺気を漲らせているようなものが多いのですが、この東照宮眠り猫は、その名のとおり目を瞑っているのです。
それでは、猫が眠っているのはなぜなのでしょうか?牡丹の花に囲まれて日の光を浴び転寝(うたたね)をしているのは「日光」の名に因んでのことだともいわれますし、また眠っているように見えるこの猫も実は、ここに祀られる徳川家康を護るために足をしっかりと踏ん張っていつでも飛びかかれる態勢をとっているのだともいわれています。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop