1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今秋も京都にいってきました。

撮影日:2015/11/28
撮影地:嵐山(京都京都市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


この秋も京都にいってきました。

今年の京都は木々の色づきが遅く、残念ながら目当てにしていた紅葉はいまひとつでした。特に有名な東福寺の洗玉澗などはモミジが色づく前に葉が散ってしまったとの事でした。(※過去の記事「東福寺 洗玉澗の紅葉と通天橋」)
それでも幸い天気には恵まれ、比較的紅葉が綺麗だった永観堂や天龍寺の曹源池庭園などでは大変美しい景色を楽しむことができました。

○今回の京都の旅
11/27(金) 伏見稲荷~東福寺~泉涌寺~禅林寺(永観堂)~清水寺(※ライトアップ)
11/28(土) 嵐山~天龍寺~西芳寺(苔寺)~嵐山
11/29(日) 三年坂~二年坂~高台寺~円山公園~八坂神社~建仁寺~八坂塔



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

吹割渓 秋の色

撮影日:2015/10/31
撮影地:吹割渓(群馬県沼田市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


吹割渓で出会ったの色です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

吹割の滝にいってきました。

撮影日:2015/10/31
撮影地:吹割の滝(群馬県沼田市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


吹割の滝とその周辺の紅葉を見にいってきました。

(案内板より)
国指定天然記念物及び名勝「吹割渓(ふきわれけい)ならびに吹割瀑(ふきわればく)」
吹割渓ならびに吹割瀑」は、吹割渓または片品渓谷と呼ばれています。凝灰岩とその侵食地形ならびに渓谷美に着目して、昭和11年12月16日、天然記念物及び名勝に指定されています。
吹割渓は、溶結凝灰岩と呼ばれる岩石からできています。(中略)
川の中程には、溶解凝灰岩の割れ目に沿うように、幅20mほどの溝が数十mにわたって続いています。この溝に向かって三方から河水が流れ落ち、独特の滝となっています。滝の落差は最大7mにも達し、吹割瀑と呼ばれています。(後略)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。