1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

雄山山頂からの眺め

撮影日:2015/05/06
撮影地:立山 雄山山頂より、立山最高峰大汝山(右端)と別山越しの剱岳(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


雄山山頂(3,003メートル)に鎮座する雄山神社峰本社は石積みの上にあり、7月から9月の間は神職がいて初穂料を納めると御神酒をいただき御祓いを受けることができます。
しかしながらこの時季はまだ手前の社務所も含め神社の方は誰もおらず、登山者はここまで自由に上がっていくことができるのです。

この日はゴールデンウィーク最終日にもかかわらず、天気も良かったので結構多くの登山者がこの雄山山頂までやってきていました。2日前に雨が降ったこともあってか結構眺めも良く、皆が思い思いにこの眺めを楽しんでいました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

雄山山頂

撮影日:2015/05/06
撮影地:立山 雄山山頂(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


(5/20の記事の続き)
雄山山頂に到着しました。

今年のゴールデンウィークは例年より雪が少ないとのことでしたが、それでも山頂付近にはまだ結構残っていました。社務所の入口は雪で塞がれていて入ることができず、また夏であれば初穂料を納めてから入っていく鳥居の辺りは窪んでいて吹き溜まりになているからかその鳥居も半分は雪に埋もれていました。
逆に三角点が設置されている周辺は雪も無く、端の方までいくと槍穂高連峰や笠ヶ岳、黒部源流の山々などがとても綺麗に見渡せました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

笠森観音

撮影日:2015/05/23
撮影地:笠森観音(千葉県長生郡長南町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


2週間ほど前にその噂を聞いてから行ってみたいと思っていた笠森観音へいってきました。

千葉県の長南町にある大悲山笠森寺は伝承によると奈良時代末期の延暦3年(784年)に創建されたといわれる古刹です。本尊の十一面観音をお祀りしていることから笠森観音と呼ばれています。
観音様を安置している観音堂は国の重要文化財に指定されており、四方懸造といわれる我が国唯一の様式の建物は大変奇抜で目を引きます。61本もの柱を直に岩盤に立てたその上に堂を載せた造りで、しかも通常の舞台式の懸造の建物(京都の清水寺本堂や奈良県桜井の長谷寺本堂など)とは異なり、建物の4面すべてがこのような柱で支えられているという大変特異な構造なのです。
平安後期(長元元年/1028年)に造られたもののその後焼失し、現在残る観音堂は文禄年間(1592年-1595年)に再建されたものですが、それでも江戸時代に入ってから造られた同じ懸造(しかも1面のみ)の清水寺本堂(清水の舞台)や長谷寺本堂よりは古い建築物となります。

ちなみに堂まで上がる階段は大変急でしたが、上に登ると房総の豊かな森に囲まれた景色を見渡せ(周囲の笠森寺自然林は永年保護されてきた暖帯残存林として国の天然記念物に指定)、また観音堂の中をぐるり一周できるなどとても楽しめました。一見の価値ある建物です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

雄山を登る

撮影日:2015/05/06
撮影地:立山 雄山(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


6日は立山の主峰・雄山に登りました。

立山には雄山、大汝山、富士ノ折立の3つの峰がありその最高峰は大汝山ですが、立山の主峰は雄山神社峰本社の鎮座する雄山です。
立山アルペンルートの開通により、いまでこそ雄山への登頂は室堂からのほんの数時間となり比較的難易度の低い手軽に登れる3,000メートル峰となりました。しかしながら、古来この場所は霊山と崇められ信仰登山の対象とされてきました。室堂には現存する最古の山小屋があり、歴史ある登山道には所々に祠が祀られるなど、往時の様子をいまに伝えています。そんな雰囲気の中を登っていくさまは、まさに「登拝」と呼ぶに相応しいものなのかもしれません。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

立山

撮影日:2015/05/05
撮影地:立山 室堂(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


ゴールデンウィーク中の室堂から見た立山です。

前回の記事でも触れましたが、今年は例年とくらべ立山解けが早かったようです。昨年、一昨年のこの時期の写真を同行の友人に見せてもらいましたが、いずれも立山の山全体がすっぽりと白いに覆われていました。

それでも、室堂の辺りはご覧のとおり一面に覆いつくされており、スキーやスノーボードなどを楽しむ人々で賑わっていました。
また、有名なの大谷という高原バスが走る道路の両側のの壁も、最高所では5日現在で15メートルありました。やっぱりこの場所が豪地帯であることに変わりないのですね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

浄土山南峰より

撮影日:2015/05/05
撮影地:立山 浄土山南峰(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


室堂にある立山自然保護センターのガイドさんから伺ったところでは、今年の立山は例年ある4月の降がないままに暖かい日が続いたため解けも早かったようです。

...とはいいながらも、そこはやっぱり世界的に見ても大豪地帯の立山地方です。室堂から一ノ越の下辺りまではずっとに覆われていました。
そしてその慣れないの上を歩き続けてかなり体力が消耗していた中、浄土山頂直下はに覆われており一度外したアイゼンを再度装着してから最後の斜面を登っていきました。

やっとのことで浄土山の南峰に登ってきたのですが、山頂の南側に見える景色は大変素晴らしくとても感動的で、疲れも一気に忘れてしまったほどでした。
五色ヶ原や薬師岳、水晶岳や頭に雲がかかりだした笠ヶ岳など、夏山ならば訪れたことのある場所もいまだ雪に覆われていて、また違った景色に思えた程です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

夕景

撮影日:2015/05/05
撮影地:立山 浄土山(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


5日の立山 浄土山からの景...。
富山平野の向こうに沈む日に降り積もった雪が茜色に染まって、得も言われぬ美しさでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

両神山にいってきました。

撮影日:2014/05/09
撮影地:両神山頂(剣ヶ峰)隣りのピークより剣ヶ峰を望む(埼玉県秩父郡小鹿野町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


職場の登山仲間と3人で秩父の両神山にいってきました。

昨年はひとりで八丁尾根を歩いたのですが、今年は日向大谷から清滝小屋を経て山頂まで続くいわゆる表参道のルートをいきました。古来山岳信仰の舞台となった両神山の表参道だけあって、途中に丁目石(※註)という信仰登山上のマイルストーンのようなものがいくつもあったりするなど往時の様子を偲ばせる道のりでした。
また、このコースは片道5キロほどの長さの割りに標高差は1,100メートルあり、清滝小屋より上は急坂や鎖場などの連続するなかなか歩き応えのあるルートでした。

今回は天気があまり良くなかったにもかかわらず山頂は常に多くの人で賑わっており、そう広くはない岩場の山頂に上がるのも順番待ちといった感じで実際10分以上待つこととなりました。昼食をいただくスペースをとることも難しかったため、三角点のある山頂(1,723メートル)からさらに先へ進んで一度下った奥にある隣りのピーク(八丁尾根寄り)へ移動してしばし休むことにしました。

この時季の両神山ならではのアカヤシオ(ヤシオツツジの一種)ですが、今年はちょっと遅いようでまだまだ咲いている花も少なかったのがちょっと残念でした。


※註:両神山の丁目石(ちょうめいし)は、日向大谷の登山口(両神神社の里宮が鎮座する)から昔修験者たちが修行をした清滝(現在の清滝避難小屋付近)までの間にだいたい1町(109.09メートル)ごとに置かれた碑で全部で36箇所ある。丁目石には「○○童子」と刻まれており、いずれも不動明王の弟子である各童子に導かれて清滝まで登るというスタイルをとっているようである。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

ライチョウ

撮影日:2015/05/05
撮影地:立山 浄土山南峰(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今回の山行では幾度となくライチョウが鳴くのを聞きましたが、はっきりと姿を見たのはこの1羽だけでした。

立山周辺は我が国でも有数のライチョウの生息地だといわれています。江戸期にこの辺りを加賀藩が治めていた頃、奥山廻りの人たち等がライチョウを神の使いとして大切に保護してきたという歴史的背景もあり、その伝統がいまも立山を訪れる人々に受け継がれて観光客や登山者たちも危害を加える事なくきているそうです。そしてこの立山ライチョウたちは、いまなお人間を恐れることなく我々の前に姿を現してくれるのだそうです。
今回はそんな話を立山自然保護センターのガイドさんに伺いました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop

立山にいってきました。

撮影日:2015/05/06
撮影地:立山 雄山山頂(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


連休後半の5日から6日にかけて、立山にいってきました。
5日には浄土山、6日は立山の主峰・雄山に登ってきました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

PageTop