1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

清水の舞台と紅葉

撮影日:2013/11/22
撮影地:清水寺 舞台紅葉京都京都市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今回の写真は清水寺(きよみずでら)本堂。「清水舞台」として知られるこの建物は、139本もの柱を組み合わせた舞台造の上に建ち、1本の釘も1個の金具も使ってはいません。昔の建築水準の高さには本当に驚かされます。

さて、清水舞台の周りを覆う木々はその多くが桜です。楓の仲間ほど鮮やかには色づかず葉もすぐに褪せてしまうことが多いのですが、それでもご覧のとおり今年はかなり綺麗でした。
ただ、本堂の右の方や、小舞台とも呼ばれる奥の院(本堂から左前に見える建物でこの写真を撮った場所にある)、さらには本堂からの眺め(音羽の滝越しに子安塔の方まで)など境内のあちらこちらで修復作業(平成の大改修)が進んでいるのが見えました。そのため足場が組まれていたり、クレーンが空高く伸びているのが見えたり、ブルーシートが被されていたり、土嚢が積まれていたり...といった感じで、些か残念な眺めではありました。
修復作業が一段落した頃にでも、またあらためて清水寺を訪れてみたいと思います。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

東福寺 洗玉澗の紅葉と通天橋

撮影日:2013/11/22
撮影地:東福寺 臥雲橋より洗玉澗越しに通天橋を望む(京都京都市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


実に6年振りに京都へいってきました。
今回の京の旅では紅葉で有名なスポットを中心に辿ることとしました。1日目は洛東の名所を繋ぐ道のりをじっくりと時間をかけて歩き、2日目は三尾と嵐山とを訪ねました。

洛東(東山区の辺り)の散策をする前に、せっかくなので紅葉の名所としてよく知られる洛南の東福寺を訪れました。
東福寺といえば、やはりなんといっても洗玉澗の紅葉。通天橋からの眺めが有名ですが、京都随一の紅葉の名所とあって長蛇の列。このあとには「洛東のじっくり散策」も控えていたため、通天橋を渡るのはよして臥雲橋の側から眺めるのみにとどめました。
とはいえ、この紅葉以前来たとき(2006年12月2日)とは比べものにならないほど鮮やかでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

【特別企画】高雄の秋

撮影日:2013/11/23
撮影地:高雄神護寺京都京都市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


紅葉で有名な高雄神護寺へいってきました。

楼門前の葉はだいぶ散ってしまっていたのでちょっと心配しましたが、境内へと入るとあちらこちらにある楓は案外良い感じで色づいており葉も残っていましたので安心しました。
高校の修学旅行で訪れて以降、神護寺は今回で4度目となります。考えてみればここへ来たのはいずれもでした。京都市街からは結構離れておりバスも少ないにもかかわらず、紅葉の名所とあって多くの人たちが高雄を楽しんでいました。

それでは、「特別企画・高雄」をお楽しみください。


※2007年11月にもここの紅葉を楽しみました。そのときの写真は以下に掲載しています。
  【特別企画】神護寺の紅葉



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

【特別企画】高尾の秋

撮影日:2013/11/20
撮影地:高尾山麓(東京都八王子市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


高尾で出会ったの風景一挙公開です。

高尾山紅葉が美しいポイントはといえば、ケーブルカー清滝駅(山麓の駅)の手前、薬王院の境内、それと山頂の少し先にある紅葉台(もみじだい)でしょうか。今回は紅葉を楽しむのがメインでしたので、この3ポイントを効率よく訪れるため行きはケーブルカー、帰りはリフトを利用しました。いずれの場所も木々の色づきが美しく、おかげさまで高尾を満喫することができました。
今回は、結構早く朝9時前には現地(京王線の高尾山口駅)に到着するように出掛け、11時半くらいには紅葉台から引き返し、もう一度山頂に立ち寄ってから下山しました。13時前に下りてきた頃には平日にもかかわらずリフトもケーブルカーも順番待ちで長蛇の列で果たしていつ乗れるのやら...といった感じでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

高尾山にいってきました。

撮影日:2013/11/20
撮影地:高尾山頂(東京都八王子市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


紅葉真っ盛りの高尾山にいってきました。

今回の写真は、高尾山頂(599メートル)から眺めた南西方向の山並み。蛭ヶ岳や袖平山や大室山といった丹沢の山々と並んで、今日は富士山が実にハッキリと見えました。幾度となく高尾山に足を運んでいると思しき方が話したいるのを耳にしたのですが、1年を通じてもこれだけクッキリと富士山が見えること自体そう多くはないそうです。いやあ、実に得をした気分です♪

高尾山といえば年間を通じて世界中でもっとも多くの人が訪れる山として古くから人気の高い山です。ケーブルカーやリフトを使えば気軽に登ることができるとあって、その数は実に250万人に達するともいいますから驚きです。
744年(天平16年)に行基菩薩が開山したとも伝えられる薬王院有喜寺が鎮座し山岳信仰の対象となったことで、高尾山では山内の動植物が大切に保護されてきました。そのため都心からわずか50キロ圏内に位置するのにもかかわらず自然豊かな癒しの地として親しまれているばかりでなく、近年は「パワースポット」ブームに乗ってとみに人気が高くなりました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

袋田の滝写真 一挙公開

撮影日:2013/11/12
撮影地:袋田の滝(茨城県久慈郡大子町)
別ウィンドウで写真を拡大(427×640ピクセル)


先日訪れた袋田の滝の写真、一挙公開です。

某ポータルサイトの紅葉情報では「色づき始め」との事だったのですが、実際にはもう「見ごろ」といっても良いくらいでした。この日は朝から冷え込んで日中もほとんど気温が上がりませんでしたが、かえって歩いてまわるにはちょうど良かったようにも感じられました。

それでは、秋も深まった袋田の滝の風景をどうぞお楽しみください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

袋田の滝にいってきました。

撮影日:2013/11/12
撮影地:袋田の滝(茨城県久慈郡大子町)
別ウィンドウで写真を拡大(427×640ピクセル)


久しぶりで袋田の滝にいってきました。
前回訪れたのが2007年11月ですから、実に丸6年経っていることになります。その間にはエレベーターで昇る第2観瀑台が完成し滝全体を上から眺めることができるようになりました。今回掲載した写真もその第2観瀑台最上段の一段下から撮影したものです。


(以下、案内板より)
袋田の滝
この滝は別名「四度の滝」ともよばれています
西行法師がこの滝をみて感嘆し「これは四季に一度ずつ来て見なければ真の風趣は極められない」といって季節の移るたびに訪れたと伝えられています

花もみち経緯(ヨコタテ)にして山姫の錦織出す袋田の瀧 西行法師(平安時代の歌僧)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

牛に引かれて善光寺参り

撮影日:2013/11/02
撮影地:善光寺 本堂(長野県長野市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


近くまでは何度も行っているのに、一度もお参りしたことのなかった定額山善光寺(じょうがくさんぜんこうじ)。念願叶ってやっと訪れることができました。
写真は国宝にも指定されている本堂です。本堂に向かって右側の敷石を剥して大々的な修復工事をしていたため、このアングルからの撮影となりました。手前のテントが些か無粋ではありますが...。

わが国のお寺にしては珍しく、善光寺は無宗派。それもそのはずで、本田善光(ほんだよしみつ)という方が推古天皇の命を受けて同じ信濃国の飯田に創建し、のちにこの地へと遷座したものだからなのです(皇極元年/642年←大化改新の数年前)。「善光(よしみつ)さんがつくった寺だから善光寺(ぜんこうじ)」とはわかりやすいですね~。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

水車と常念岳のある風景

撮影日:2013/11/03
撮影地:大王わさび農場(長野県安曇野市)
別ウィンドウで写真を拡大(427×640ピクセル)


連休の2日から3日にかけて長野方面へ出かけてきました。

実家の父が作った切り絵で「手前に水車、遠景に常念岳」という作品があるのですが、その元になったのがこの大王わさび農場から見える風景でした。木々の間から覗いているのが「安曇野の山・常念岳」です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。