1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

吉田口登山道 馬返し~三合目

撮影日:2013/07/14
撮影地:富士登山 吉田口馬返し(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


富士山頂まで続く数々の登山道のうちで吉田口登山道は、歴史的な価値が大いに評価されてその全行程(麓の神社から山頂まで)が世界遺産の構成資産として登録されるに至った唯一の登山道となりました。(他の登山道は、基本的に標高1,500メートル以高の箇所のみ)
今年の富士登山では、この吉田口登山道を麓の馬返しから登ってみることにしました。実際には富士吉田の街の金鳥居(かなどりい)や北口本宮冨士浅間神社から中の茶屋を通ってこの馬返しまで歩くというのが本来の姿なのでしょうが、なにぶん時間的な制約もあるため金鳥居から馬返しまでの区間は富士急行の馬返しバスを利用させてもらいました。ちょうど、昔の人たちが馬に揺られてここまでやってきたように...。

吉田口登山道は別名北口登山道とも呼ばれており、表口と呼ばれる現在の富士宮口登山道と反対側に通じています。江戸時代以降の富士講による信仰登山において江戸方面からのアクセスの便もあって開けてきた登山道で、特に食行身禄(じきぎょうみろく)の入定(にゅうじょう)による富士講身禄派の隆盛以降は(※富士山でミイラになった人々のはなし の記事を参照のこと)、とても多くの人々によって辿られることとなりました。それは明治、大正、昭和の世になっても同様で、1964年(昭和39年)の富士スバルライン開通によって河口湖口五合目まで車で一気にいけるようになり多くの登山者が五合目から登るようになるまで続きました。

吉田口登山道には歴史的な遺構も数多く残っており、また富士吉田市等によって鳥居の再建や遺構の調査などがなされ明治40年以前の姿に復元・整備されました。世界遺産登録に合わせてか今年新たに設置された案内板も多くみられましたので、それらを読んで古の吉田登山道に思いを馳せつつ楽しみながら登ることできました。
以下、案内板の記述とともに吉田口登山道の馬返しから六合目までの区間を振り返りつつ辿ってみたいと思います。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop