1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

吉田口登山道 四合目~五合目

撮影日:2013/07/14
撮影地:富士登山 吉田口四合目(現五合目)(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


富士吉田口登山道の旧四合目(現在では四合目とも、五合目ともされている)には近年まで営業小屋がありました。井上小屋です。しかしながら、現在は営業しておらず小屋の建物もかなり荒れてしまっています。

古く江戸時代、四合目(井上小屋よりやや低いところ)には一軒の茶屋がありました。大黒室(だいこくむろ)です。
(以下、案内板より)
四合目 大黒天
四合目には茶屋(山小屋)が一軒ありました。この茶屋は屋内に古くから大黒天像(開運大黒天)を祀っていたことから、大黒室(だいこくむろ)あるいは大黒小屋と呼ばれていました。
開運大黒天は、福の神として、富士講の人々に信仰されており、この茶屋では木版で紙に刷った大黒天像を登山者に授けていました。これを受けた者は、掛軸に仕立て、礼拝の対象としました。
この場所は、江戸時代には三合五勺ともいわれていました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

吉田口登山道 馬返し~三合目

撮影日:2013/07/14
撮影地:富士登山 吉田口馬返し(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


富士山頂まで続く数々の登山道のうちで吉田口登山道は、歴史的な価値が大いに評価されてその全行程(麓の神社から山頂まで)が世界遺産の構成資産として登録されるに至った唯一の登山道となりました。(他の登山道は、基本的に標高1,500メートル以高の箇所のみ)
今年の富士登山では、この吉田口登山道を麓の馬返しから登ってみることにしました。実際には富士吉田の街の金鳥居(かなどりい)や北口本宮冨士浅間神社から中の茶屋を通ってこの馬返しまで歩くというのが本来の姿なのでしょうが、なにぶん時間的な制約もあるため金鳥居から馬返しまでの区間は富士急行の馬返しバスを利用させてもらいました。ちょうど、昔の人たちが馬に揺られてここまでやってきたように...。

吉田口登山道は別名北口登山道とも呼ばれており、表口と呼ばれる現在の富士宮口登山道と反対側に通じています。江戸時代以降の富士講による信仰登山において江戸方面からのアクセスの便もあって開けてきた登山道で、特に食行身禄(じきぎょうみろく)の入定(にゅうじょう)による富士講身禄派の隆盛以降は(※富士山でミイラになった人々のはなし の記事を参照のこと)、とても多くの人々によって辿られることとなりました。それは明治、大正、昭和の世になっても同様で、1964年(昭和39年)の富士スバルライン開通によって河口湖口五合目まで車で一気にいけるようになり多くの登山者が五合目から登るようになるまで続きました。

吉田口登山道には歴史的な遺構も数多く残っており、また富士吉田市等によって鳥居の再建や遺構の調査などがなされ明治40年以前の姿に復元・整備されました。世界遺産登録に合わせてか今年新たに設置された案内板も多くみられましたので、それらを読んで古の吉田登山道に思いを馳せつつ楽しみながら登ることできました。
以下、案内板の記述とともに吉田口登山道の馬返しから六合目までの区間を振り返りつつ辿ってみたいと思います。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

富士登山 2013

撮影日:2013/07/15
撮影地:富士登山 白山岳山頂の二等三角点と眼下の山中湖(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


実は、この海の日の連休は実家の父と一緒に加賀の白山に登ろうと話していました。しかしながら連休中は北陸地方の天気が良くないとの予報でしたので、残念ながら白山行きはキャンセルとなりました。

そこで代わりといってはなんですが、14日と15日の2日間に私ひとりで富士山へいくことに決めたのでした。「私にとって富士登山はいわば年中行事」などといってしまえばそれまでではありますが、今年は富士山世界遺産登録された記念すべき年でもあることですし、どうせなら世界遺産登録された麓から続く唯一の登山道「吉田口(北口)登山道(吉田ルート)」を辿ってみようかと思いたち、吉田口登山道を馬返しから一合目、二合目、三合目...と順に登っていくことにしたのでした。
吉田口登山道(北口登山道)は江戸後期に隆盛を誇った歴史ある登山道です。こちらの紹介は別の記事にて改めて...。

「加賀の白山に行けなかったから」というわけではないのですが、今回の富士登山では初めて富士山頂の外輪山で2番目に高い白山岳(別名 釈迦ヶ岳/3,756メートル)山頂にも登ってみました。今日の写真はその白山岳の二等三角点越しに見下ろす山中湖の姿です。雲が多くて今回は御来光を拝むことができませんでしたが、代わりにこんな幻想的な山中湖(=富士山三種の神器の勾玉)を眺めることができました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop

ガスガス暴風雨の北岳へ

撮影日:2013/07/07
撮影地:北岳山頂(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


この土日は、職場の同僚3名と北岳に登ってきました。

私以外はみな北岳は初めて。うち2人は南アルプス自体が初めてで、さらに1人は初日本アルプスでした。
で、そんな彼らを初めての北岳は厳しい表情をもって迎えたのでした。

下界では梅雨明け宣言が出され、蒸し暑く、熱中症患者が何人も出たという6日、日本で2番目に高いお山の稜線では寒さと猛烈な暴風雨が吹き荒れていました。もちろんガスガスでせいぜい20メートルくらい先までしか見えません。そんな中を同行者たち(特に初南アのふたり)はなんとか根性で3,000メートルの稜線に建つ肩ノ小屋まで辿り着いてくれました。
もっとも今回は、右俣最後の草すべり分岐を過ぎた辺りのジグザグな登りの途中からが本格的な雨降りとなったので、私はレインウェアも着込まずに折り畳み傘だけ差していました(笑)
こんな初北岳登山になってしまった訳でしたが、意外にも3人とも「良かった」と言ってくれました。

さて、この季節の北岳のお楽しみと言えば、やっぱり数も種類も豊富な花々でしょう。今回出会うことのできた花を思い出すままにざっと書いてみましょう。 カラマツソウ、ミヤマバイケイソウ、キバナノコマノツメ、ミネザクラ、ウラジロナナカマド、ショウジョウバカマ、ハクサンイチゲ、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、ミヤマキンバイ、コイワカガミ、キタダケキンポウゲ、ミヤマダイコンソウ、イワベンケイ、オヤマノエンドウ、キバナシャクナゲ、イワウメ、ヨツバシオガマ、タカネグンナイフウロ、ギンリョウソウ、ゴゼンタチバナ...。
もちろん憧れのあの花、キタダケソウも山頂直下の例の場所に咲いていました。3年前にここを訪れたとき(※記事はこちら)とくらべても、さらに個体数が増えたように思えました。まだまだ蕾も沢山あってこれから花開くものも多そうです。トラバース道の大群落のキタダケソウはすでに殆ど終わってしまったようですが、知る人ぞ知るこの山頂直下の群落ではまだまだ可憐なキタダケソウの花を楽しめそうです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。