1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

涸沢の秋 2012 初冠雪、そして雲と影と...

撮影日:2012/10/07
撮影地:涸沢カール(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


涸沢カールに着いた日の翌朝(7日)、夜中に降り続いた雨のため稜線は薄っすら雪化粧をしていました。今年の穂高の初冠雪でした。
カールの下の方まで陽が射すころには稜線の雪もだいぶ解けてしまいましたが、それでも一応は三段紅葉(※)を見せてくれていました。
実は、冠雪と紅葉のコラボレーションというのは今回初めて見ましたが、岩のグレーの間に残る雪が峰々の荒々しさを余計に際立たせているようで、コントラストの効いたなかなか良い画になってくれていました。

また、この日は太陽が出てカールに光が射す前から、稜線の上はびっしりと雲に覆われており湧いてきた雲が時おり涸沢岳の稜線の辺りを隠してしまうことも多かったのですが、一度青空が覗くと稜線付近にかかった雲で山肌に微妙な陰影が出てきたりして結構味のある良い雰囲気を醸しだしてくれました。
翌8日の朝のごとく‘雲ひとつないピーカン’というのもそれはそれで悪くはないのですが、やっぱり光と雲とで山の斜面に絶妙な影が現れたりするとまた一味違った面白い被写体になるものなのですね。


※三段紅葉とは、稜線の雪の白色、紅葉の赤色や黄色、常緑樹または未だ色づいていない麓の木々の緑色の三段に彩られた山岳紅葉の状態をいいます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop