1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

初めての尾瀬は波乱の連続?!

撮影日:2012/07/16
撮影地:燧ヶ岳 柴安嵓山頂より尾瀬沼を見下ろす(福島県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


ころぼっくるさんにお誘いいただいたことが縁で、初めての尾瀬にいってきました。

15日に大清水より三平峠を経て尾瀬へと入山し、そのまま燧ヶ岳(ひうちがたけ)登山にお供することとなりました。今回は私にとって昨年10月の甲斐駒・仙丈以来久方ぶりの本格的な登山でした。
雨の後でドロドロにぬかるんだ道に足を捕られながらも進んでいきます。急登となって登りが厳しくなってきたころからは本格的に雨が降りだしました。そして、風邪で咳が酷かったのが漸く治まりかけた頃だった事も災いしてか呼吸が苦しくなり、次第に立ち止まりがちになってしまいました。ころぼっくるさんにもご迷惑をおかけすることとなり申し訳なく、山頂までいくのは諦めて、結局は全行程の3分の2くらいの地点でころぼっくるさんを待つことにしたのでした。

尾瀬沼畔の長蔵小屋に一泊して翌日、昨日の悪天候が嘘のように天気がよく晴れやかな日を迎えることができました。ころぼっくるさんとお別れした後、こんどは私ひとりで再度燧ヶ岳登山を試みることにしたのでした。途中までは前日に辿った道でしたから感覚を掴みやすく、それでも結構ヒーヒーいいながら登っていきました。そして前の日にころぼっくるさんをお待ちしていた場所からは標高差にして100メートルくらいでしょうか、樹林帯を進んでいくと森林限界を抜けてあとはハクサンシャクナゲやキヌガサソウ、サンカヨウなどが咲く稜線の道を進んでいくのみとなりました。最後の岩場で、進行方向より左に見えていた別の峰が二等三角点のある俎嵓(まないたぐら/2,346メートル)だと思っていたら、実はいま自分が登っているところこそが俎嵓であるということが判り、俄然やる気が湧いてきてしまいました。なんて単純な!(笑)さらに「頂上までまだ20分くらいかかるよ~」と言われて実際には5分とかからず俎嵓山頂に到達してしまったので、最初は俎嵓だと思っていた最高点の柴安嵓(しばやすぐら/2,356メートル)にもせっかくなので行ってみることにしました。今回掲載した1枚はこの柴安嵓山頂から見下ろす尾瀬沼の写真です。両山頂にはトータル1時間45分ほど滞在していたことになります。

下山は、例の3分の2地点から先とても山慣れしたおじさんと一緒に下りる事になりました。この方かなりのハイペースでしたので、前日ころぼっくるさんと2時間以上かけて下った道のりを、なんと1時間10分ほどで登山口まで下りてしまったのでした。当然足はガタガタ(爆)
長蔵小屋の前で小1時間足を休めたり、ビジターセンターの展示を見たりしながら16時を過ぎてようやく長蔵小屋を出発しました。途中三平峠で休むのもこれで最後と15分くらいたっぷりと休憩していると、日帰りでやってきたという若いカップルが...。彼らはヘッドランプも雨具なども一切持たずにいかにも観光客といった感じでした。暗くなる前に大清水に到着したいとかなり焦っていた彼らが去って10分ほどしてから17時ジャストに私も出発したのですが、途中で追いついてしまったのでこれもなにかの縁とそこから先はご一緒することになりました。18時前に一ノ瀬の休憩所まで着いてあとは砂利道の車も通れる林道を下るだけだしもう大丈夫だろうということで、3人でいろんな事を話しながら40分...まだ日も暮れる前になんとか無事に大清水にまで戻ってきたのでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop