1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「カニのたてばい」事件

撮影日:2011/08/22
撮影地:剱岳 カニのたてばい(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


最初にお断りしておきますが、本記事の内容はこれから剱岳登山をされようとしている方にとってまったく参考にはならない話です。悪しからずご了承ください。

*  *  *

剱岳登山路の中でもそのアクセスの手軽さから比較的よく歩かれている別山尾根からのルート。難路の続くルート中でもこの「カニのたてばい」は難所中の難所としてよく引き合いに出される高さ50メートルほどの岩峰で「垂直な岩の壁を、打ち込まれたクサリや杭などを手掛かりに攀じ登っていくさまがカニが這いつくばって登っていくように見えることからこう名づけられた」などと紹介されることが多いようです。

で、最初に「カニのたてばい」を下から見上げてみたときの写真が上に掲載したものなのですが、正直なところ結構斜度がついていて(70度くらい?)全然垂直にそそり立っているわけではないし、「これでもか」ってくらいに杭が打ち込まれていて足場にも問題はなさそうだし、下から上までクサリもずっとついているしで、第一印象は正直なところ「へっ?こんなもん?」といった感じでした。
実は、この「カニのたてばい」をナメきったかのような第一印象というか不遜なる思いが、そのあとのとんでもないしっぺ返しを喰らう結果へと導いていったのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

北アルプス山篭り2011...敗退(泣)

撮影日:2011/08/22
撮影地:剱岳山頂(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


毎年8月の終わりに行なっている「北アルプス山篭り」。今年は通産5回目ということもあってかなりのロングコース、題して「から槍まで」コースを歩こうと考えていました。
しかしながら、本人の意気込みに反し今年は前線の停滞が予想外に長引いており、出発点となる富山県の立山地方は連日の雨、雨、雨。最初に登ろうと考えていた剱岳へも予定通りには行くことができず、結局まる1日沢で足止めをくってしまいました。
また、そのあとの別山~立山間も3,000メートルの稜線を吹きすさぶ強風と大雨と寒さの中を、なんの景色さえ見ることもできずにただただ歩き続けるだけ...という、まことに悲惨な状況となってしまいました。
しかも悪いことは重なるもので、この天気の崩れは次第に岐阜方面へと南下していくというではありませんか!これではまさに、雨と一緒になって移動していくということに(爆)

というわけで、不本意ながら今年の北アルプス山篭りは立山までで打ち切りとすることにしました。景色も楽しむことができずに、ただ苦行のような山行というのではNewman的にもイケてませんしね...。

今回の山行では風景写真についても納得いくようなものが全く撮れませんでした。あんなに重い一眼を担いでいったのに(私のEOS10Dは古い機種なので本体だけで790グラムもあります。それにレンズ(TAMRON 18-270)が450グラム...)、上に掲載した程度の写真しか撮影できていません。

でも、考えてみるといままで「裏銀座のつづきリベンジ」にしても「白峰三山リベンジ」にしても、天気やら怪我やらでうまくいかなかった山行の2回目は不思議とうまくいっているんですよね。ということは、今回の「北アルプス山篭り~から槍まで」のリベンジも次はきっとうまくいくのでは...なんて。それがいつの事になるかはわかりませんが、きっとまた挑戦することになると思います。その日まで、楽しみはお預けということですねw



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

【特別企画】大キレット越え~槍穂縦走蔵出し 第1弾

撮影日:2010/07/19
撮影地:大キレット越え 獅子鼻岩より大キレットと北穂高岳を眺める(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


もう1年以上前の話となってしまいましたが、昨年(2010年)の海の日の連休は穂高を縦走してきました。
そのときの様子については、過去に断片的にではありますが以下の記事で触れました。
【番外編】槍・穂高を歩いてきます。(※出発前の告知)
【番外編】槍・穂高を歩いてきました。
【特別企画】ジャンダルムからの眺め
しかしながら、このときの道中についてキチンと触れた記事や写真はといえば、よくよく考えてみるとアップしていないんですよね。

そこで、この機会に昨年の槍穂高縦走路中のクライマックスとでもいうべき穂高核心部の山行記録を『【特別企画】槍穂縦走蔵出し』と銘打って、「大キレット越え」編、「北穂高岳から涸沢岳まで」編、「奥穂高岳から西穂高岳まで」編の全3回にわけて紹介していきたいと思います。

掲載写真はコンデジで撮影したものが中心となるため画質的にはいまいちなものも多いのですが、あのときに通った岩の王国(穂高の愛称)の険しさと、そこを歩いていく間のワクワク感とがなるべく伝わるようにと掲載する写真を選んでみました。どうぞご覧ください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

銀明水

撮影日:2011/07/31
撮影地:富士登山 銀明水(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


以前紹介した金明水(※写真と記事はこちら)と並んで富士山頂に湧き出る雪解け水の泉「銀明水」。こちらは銚子口とも呼ばれる御殿場口の山頂にあります。

夏場は大変水の乏しい富士山にあって「貴重な湧き水が出るところ」としてこの銀明水は昔から御霊水として重宝されてきました。明治から昭和の初期にかけては登山者にその水が無料で振舞われていたそうでその様子を写した昭和初期の写真を私は見たことがありますが、いまはお隣りの富士宮口山頂の浅間大社奥宮で小ボトル入りのものを買い求めることとなっています(価格は500円)。
富士講中興の祖と称された食行身禄(※食行身禄については「富士山でミイラになった人々のはなし」の記事を参照のこと)を描いた新田次郎の小説『富士に死す』には、主人公の伊兵衛(のちの身禄)が奉公先の主人の病気平癒のためにとこの銀明水の竹筒入りのものと壜入りのものとをひとつ5文で買い求めたというシーンが登場しますが、富士講が華やかなりし江戸時代にはいまと同じように御霊水は有料で売られていたのかもしれませんね。

いままで数多くの富士山頂写真を掲載してきましたが、実はこの銀明水の写真を載せるのは今回初めてとなります。というのも、ここを訪れるたび毎回のように銀明水のある銚子口は人が多く、しかも御殿場口山頂を示す石づくりの立派な指導標がこの前にあるため銀明水の鳥居の前に立ってそちらに向かってカメラを構えた人がいつもいるので、なかなか良い写真が撮れずにいたからです。今回は銀明水の鳥居の向こうに富士山第2の外輪山・白山岳(旧名 釈迦ヶ岳)の釈迦の割り石が見えるちょっといい感じの写真が撮影できました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。