1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年も富士山にいってきました。

撮影日:2011/07/31
撮影地:富士登山 山頂大日岳より(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


今年も職場の同僚たちとともに富士山にいってきました。

実は、行く前から新潟などで記録的な豪雨となるなど天気は荒れ気味で、7/30~31の富士山の予報も「曇りか霧ときどき雨または雷雨」というもの。正直あまり期待していませんでした。
実際、今回の富士登山時の天気は「晴れたり、ガスが出たり、雨が降ったり...」と目まぐるしく変化しました。最後は土砂降りの中を御殿場ルート砂走りから宝永火口を通って富士宮新六合目まで。ここで街に戻ってから使おうと用意していた折り畳み傘が思わぬ効果を発揮しました。レインウエアなしでも比較的快適に下山できたので、同行者たちからも羨ましがられました。

夜間登山の折に下界も上空も晴れたりしたのでちょっと期待してしまった御来光でしたが、残念ながら写真のようにちょうど太陽の昇る方角に大きな雲の壁があって思ったようにはいきませんでした。それでも、今回初富士登山の同行者たちは楽しんでくれたようでしたので、まずはなによりでした。

ちなみに、今回は帰りに御殿場七合九勺の赤岩八合館さんにお遣いを頼まれるというちょっとしたハプニングもありました。お遣いのお礼にと下の七合五勺砂走館でオリジナルの手拭いをいただきました。ちょっとした嬉しい思い出となりました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

【特別企画】白馬三山縦走で出会った風景

撮影日:2011/07/16
撮影地:白馬三山縦走 白馬大雪渓(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今年の海の日の連休は、北アルプスの中でも北方に位置する白馬三山を歩いてきました。

白馬三山とは、白馬岳(しろうまだけ)、杓子岳(しゃくしだけ)、白馬鑓ヶ岳(しろうまやりがたけ、はくばやりがたけ)の3つの山。これらへは猿倉の登山口から日本最大の雪渓としてしられる白馬大雪渓を登って白馬岳へ、あとは杓子岳鑓ヶ岳と3,000メートル級の稜線を歩いてから白馬鑓温泉を経て猿倉へと周遊することができます。
この山域に特徴的なのは、とにかく高山植物の種類が多いこと。日本で見られる高山植物のおよそ半数とされる250種ものが咲くといわれています。こうした高山植物の数々も今回の縦走で文字通り目一杯楽しむことができました。
また、白馬岳は北アルプスの中でも北に位置しますので、ここから南の方角を眺めればひと目で北アルプスの全容が収まってしまうというほどに眺めも素晴らしいものでした。特に2日目の朝に白馬岳の山頂から見えた景色は忘れられないほどに最高でした。

それでは、白馬三山縦走で出会った風景の一挙公開です。どうぞお楽しみください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

白馬岳より

撮影日:2011/07/17
撮影地:白馬岳山頂より(長野県、富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


長らくお休みさせていただいていた当ブログ『1枚の写真』ですが、このたび久々に更新させていただくこととなりました。ブログの再開について何件かのお問い合わせをいただくなど、本当にご心配をおかけしました。 これからまた少しずつでも拙い写真とともに新しい記事をアップしていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

冬の美ヶ原から、季節はいきなり跳んで“夏の白馬岳(しろうまだけ)山頂”の写真。そうです、この連休は白馬三山を縦走してきました!
白馬岳といえば「花の百名山」にも選定されているほどに高山植物の種類が多いことで有名な山ですが、それと同じくらいにここから見える山々の連なる風景というのがまた超一級の眺めなのです。白馬岳は北アルプスの中でも北方に位置しますので、ここから南の方角を眺めれば偉大なる北アルプスの山並みがまさに一望できてしまうのです。
今回の写真は、ある夏の晴れた日の御来光が昇ったあと空気が澄んだ時間に、白馬岳山頂(2,932メートル)から南へと続く北アルプスの錚々たる山々を眺めた際の感動的な風景を切り取ったものです。あえて山の名前は記さないでおきますが、北アルプスの山々に馴染みのある方はぜひ「これは○○岳かな? じゃあ、こちらは何という山だろう?」などと想像を膨らませてみていただければと思います。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。