1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

赤石岳・荒川三山縦走 その3(赤石岳山頂)

撮影日:2009/10/11
撮影地:赤石岳荒川三山縦走 赤石岳山頂(静岡県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


稜線までの急な登りと、そこからのひと歩きとを経て到着した赤石岳山頂には、実に素晴らしい眺望が待っていました!それもそのはずで、「赤石岳」(※点名同じ)は一等三角点に選定されている第一級の展望地、しかもわが国で最も高い場所に位置する一等三角点(3,120.06メートル)ということになります。

ところで、この赤石岳登山にまつわる逸話をひとつ。
この山を含め、南アルプス南部の非常に広範囲に及ぶ地域が東海パルプ株式会社(※2010年4月より 特種東海製紙株式会社に統合された)の社有林となっていますが、大正15年(1926年)8月7日に東海パルプの前身となる東海紙料株式会社の創始者・大倉喜八郎が米寿を過ぎた折、赤石岳の青山を求め一行200人を従えてこの3,120メートルの頂上への道を踏破したのです。とはいえ、88歳の高齢を迎えた喜八郎翁のこと、実際には駕籠に担がれての大名登山さながらの行列であったとか。なにはともあれ「自己の所有地の最高所を極めたい(※註)」という翁の祈願は達成されました。そしてこのとき新たに開かれた赤石岳への登頂ルートこそが、今回私が辿ってきた椹島より東尾根(大倉尾根)を経て赤石岳の主稜線へと達する登山路なのです。

  赤石の山のうてなに 万歳を唱ふる老も 有難の世や
    大正一五年八月七日
    赤石岳絶頂を極む
    九十翁大倉鶴彦(号)


※註:実際には、特種東海製紙社有林(井川社有林)内の最高地点は荒川東岳(悪沢岳)の標高3,141メートルであるが、荒川岳における三角点は東岳ではなく荒川中岳(3,083メートル)に置かれている。


※赤石岳・荒川三山縦走の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop