1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

赤石岳・荒川三山縦走 その1(赤石小屋まで)

撮影日:2009/10/11
撮影地:赤石岳荒川三山縦走 赤石小屋前より赤石岳を望む(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


もう1年以上も前のことになりますが、2009年10月の体育の日の連休に南アルプス南部の赤石岳荒川三山(前岳、中岳、東岳(悪沢岳))を縦走してきました。
登山口の椹島(さわらじま)までのアプローチからしてまず大変というだけあって、これらの山々の奥深さはイギリス人宣教師にして日本近代登山の先駆者でもあるウェストンが「深山中の深山なること比類なし」と語っているごとくです。それだけに、これらを巡る山旅は大自然の雄大さを身をもって感じられる素晴らしいものでした。

実は、この日の未明に自宅を出発したあと首都高速で工事渋滞にはまってしまい、東名高速道路を通って静岡市内に到着した頃にはすっかりと夜が明けてしまっていました。その後、椹島行きのシャトルバス乗り場となる畑薙第一ダムへ向かう途中の林道でそれまでの疲れがどっと出てしまいちょっと仮眠をとるつもりが1時間半も眠ってしまいました。結局、どう急いでも朝8時の便には間に合わなくなってしまいそのまま引き返そうかとも思ったのですが、とりあえず次の12時発のバスには間に合いそうだったので畑薙第一ダムへと向かうことにしたのでした。
畑薙第一ダムは駐車できないくらいに一杯で、それでもどうにか道の一番先の方に自動車を停めました。登山者の多くは朝のバスで登山口へと向かったのでしょう、さすがにこの昼の便に乗車したのは10人程度でした。ここから 椹島の登山口までは更にバスで1時間かかります。荒川三山赤石岳の縦走コースは、通常だと行程は長いけれども比較的登りの緩やかな千枚小屋を目指すのでしょうが(当初は、私もそのつもりでいました)、登山口を13時の出発とあっては、傾斜はかなり急ではあるけれども比較的所要時間のかからない赤石小屋を目指す方が賢明でしたので、そのようになりました。そして、このことが実は結果的に良い選択となったのでした。


赤石岳荒川三山縦走の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop