1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

【番外編】奥高尾を縦走してきました。

撮影日:2010/10/23
撮影地:陣馬山頂(東京都、神奈川県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


職場の同僚2人とその娘さん(小学校2年生)と一緒に、奥高尾陣馬山影信山~小仏城山高尾山)を縦走してきました。標高900メートル以下の低山ハイキングとはいえ全長18.5キロのロングコースでしたので、小学校2年生の娘さんは本当によく頑張ってくれたと思います。

後半は雲が出てきてしまったものの終始天気もそれほどには崩れずまずまずでした。20度前後と気温もちょうどいい感じで、また適度に風もあったので、気持ちのよい低山歩きが楽しめました。空気も澄んでいたので、奥多摩や丹沢の山々、富士山、相模湖や中央高速道路、都心の方角の街並みなどが望めて、眺望の点でも満足いくものとなりました。

たまには、こういう気張らない低山歩きもいいものですね♪


付記:ヤマレコに奥高尾縦走の山行記録を掲載しました。こちらをご覧ください。(2011.01.16)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【特別企画】錦繍の涸沢 2010

撮影日:2010/10/11
撮影地:涸沢カール(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


10日から12日にかけて、実家の父を連れ紅葉目当てで涸沢まで行ってきました!
上高地から入山し、徳沢、横尾を経て横尾谷を詰めて涸沢へと到着。翌日は涸沢カール紅葉を十分に満喫したあと涸沢パノラマコース経由で私にとっても初となるザイテングラートを白出のコルの穂高岳山荘まで。最終日は奥穂-前穂間の吊尾根を辿り、重太郎新道の急な下りを経て岳沢を中継して上高地まで戻りました。

涸沢カール紅葉について話を戻します。
昨年の涸沢は例年よりも紅葉するのが早く、また最盛期を迎える前に台風がやってきてダメになってしまったようでした。私は葉が落ちるよりも前にここを訪れたのですが、少々早めの感がありました。(※記事はこちらこちら
翻って今年の涸沢の紅葉はといえば、訪れた人々や小屋のスタッフの方たちが口を揃えて言っていたほどに鮮やかでとても見事でした。紅葉が見ごろを迎えて以降、前日(10日)までは涸沢カールに陽が射す午前中は穂高連峰の峰々の上に雲が湧くなどして些か残念な天気が続くことも多かったようでしたが、幸いにも我々が涸沢ヒュッテに着いた翌日の11日には、前穂から吊尾根を経て奥穂、涸沢岳、北穂と続く稜線の上空には雲ひとつ見られないような好天となり、陽の照り返しに映えるナナカマドの赤や、ダケカンバの黄や、ハイマツの緑や、岩肌のグレーが織りなす錦さながらの素晴らしい山岳紅葉を楽しめました。
それと、昨年は太陽の出る方角に雲があったためなかなか綺麗には染まらなかったモルゲンロート(山の朝焼け)についても、今年は山肌を赤く染め上げる美しい姿を目にすることができたのでした。

それでは、「錦繍の涸沢 2010」をどうぞお楽しみください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

キタダケソウと逢う山旅 その3(小太郎尾根)

撮影日:2010/07/10
撮影地:北岳登山 小太郎尾根(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


小太郎尾根に出ると、いよいよ3,000メートル級の稜線歩きがスタートします。

北岳の北側に位置する小太郎尾根は見通しが良く伸びやかな稜線です。右俣との分岐から先はそれほど急で長丁場となるような登りもなく、肩ノ小屋までの間は右手に仙丈ヶ岳を、後方には甲斐駒ヶ岳を眺めながらの悠々たる雲上散歩を楽しめます。
また、7月の小太郎尾根は、ハクサンイチゲ、ミヤマキンバイ、イワベンケイ、オヤマノエンドウ、キバナシャクナゲなどの高山植物が西側斜面を埋めつくすように咲き乱れ、なんとも言えないほどに素晴らしい眺めです。


※白峰三山縦走・北岳の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

キタダケソウと逢う山旅 その2(右俣をいく)

撮影日:2010/07/10
撮影地:北岳登山 右俣(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


二俣から先、右俣方面へと向かうコースを進むことにしました。

1年前の7月の海の日の連休に北岳に登ったときもこの右俣コースを登ったのですが、そのときは土砂降りの雨の中でしたので写真を撮っている余裕はあまりありませんでした。それでも3連休とあってかとても人が多くて、ここを歩いている間中ずっと行列が続いていました。
一方で、今回は時期的には梅雨の真っ只中ということで人もまばら。にもかかわらず天気に恵まれたので、じっくりと景色を楽しみながら登ることができました。

二俣を発ってしばらくは、右俣の谷に残る雪渓を見ながらそのすぐ上を谷沿いに進んでいきます。


※白峰三山縦走・北岳の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop