1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

キタダケソウと逢う山旅 その1(広河原~二俣)

撮影日:2010/07/10
撮影地:北岳登山 広河原より目指す北岳を仰ぐ(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


南アルプスの北岳といえば、北アルプスの槍ヶ岳や穂高岳と並んでとても人気の高い山ですが、通常利用される登山口となる山梨県の広河原(1,529メートル)から1,700メートル弱にもなる標高差を登らなければならないことや、登るに従って傾斜が急になっていく(ということは、登れば登るほどにキツくなっていく)ということなどから、決してお気楽に登れるような山だとは言い難い気がします。
それでも、前述のようにこの山を訪れる人が大変多いのには、それなりの理由があるからなのでしょう。いくつかの登山道があってコースごと変化に富んでいること、南アルプス唯一ともいえる大規模な雪渓が夏になっても残っていること、クライミングのメッカとして有名な北岳バットレスを間近に眺めながらの登りは自然の壮大さに触れることができる絶好の機会であるということ、山頂からの眺望が雄大で富士山や南アルプスなどの山々の眺めが実に素晴らしいこと等々、本当にこの山のもつ魅力は尽きません。
そんな中でも「北岳は高山植物の種類が大変多くて、花の季節にそれらが咲き乱れるさまは見事である」という理由は、全国の花好きな登山者の多くを楽しませるに十分なものです。実際に、決して楽とは言えない登山のさなか、可憐に咲く高山の花々を見ていると心身まで癒されていつのまにか疲れも忘れてしまうほどです。

そんな北岳に、梅雨の時季にだけこの山の山頂付近にのみ咲く花「キタダケソウ北岳草)」を見にいくことにしました。
前年の7月に「梅雨明け宣言」を受けて向かった北岳は、実際には始終大雨・大風で、稜線の荒れ具合は凄まじいものがありました。「山頂の南側斜面にまだキタダケソウが咲き残っている」との話も聞いてはいたのですが、子供なら軽く吹き飛ばされそうなほどに強い大風の中ではさすがに見にいくことも躊躇われました。
一方、2ヶ月後の秋9月に八本歯のコルから北岳山頂へと向かったときには、当然のことながらキタダケソウはもう葉っぱだけになっており、可憐な花を見ることはできませんでした。
そして、三度目の正直となるかどうか...。職場のPCで翌日の北岳が梅雨の合間の「晴れときどき曇り」であるという登山天気予報を確認した7月9日の金曜日、「これはもう、北岳に行くしかなかろう」と思い立ち、翌未明には自宅を出発してしまったのでした。


※白峰三山縦走・北岳の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop