1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キタダケソウと逢う山旅 その1(広河原~二俣)

撮影日:2010/07/10
撮影地:北岳登山 広河原より目指す北岳を仰ぐ(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


南アルプスの北岳といえば、北アルプスの槍ヶ岳や穂高岳と並んでとても人気の高い山ですが、通常利用される登山口となる山梨県の広河原(1,529メートル)から1,700メートル弱にもなる標高差を登らなければならないことや、登るに従って傾斜が急になっていく(ということは、登れば登るほどにキツくなっていく)ということなどから、決してお気楽に登れるような山だとは言い難い気がします。
それでも、前述のようにこの山を訪れる人が大変多いのには、それなりの理由があるからなのでしょう。いくつかの登山道があってコースごと変化に富んでいること、南アルプス唯一ともいえる大規模な雪渓が夏になっても残っていること、クライミングのメッカとして有名な北岳バットレスを間近に眺めながらの登りは自然の壮大さに触れることができる絶好の機会であるということ、山頂からの眺望が雄大で富士山や南アルプスなどの山々の眺めが実に素晴らしいこと等々、本当にこの山のもつ魅力は尽きません。
そんな中でも「北岳は高山植物の種類が大変多くて、花の季節にそれらが咲き乱れるさまは見事である」という理由は、全国の花好きな登山者の多くを楽しませるに十分なものです。実際に、決して楽とは言えない登山のさなか、可憐に咲く高山の花々を見ていると心身まで癒されていつのまにか疲れも忘れてしまうほどです。

そんな北岳に、梅雨の時季にだけこの山の山頂付近にのみ咲く花「キタダケソウ北岳草)」を見にいくことにしました。
前年の7月に「梅雨明け宣言」を受けて向かった北岳は、実際には始終大雨・大風で、稜線の荒れ具合は凄まじいものがありました。「山頂の南側斜面にまだキタダケソウが咲き残っている」との話も聞いてはいたのですが、子供なら軽く吹き飛ばされそうなほどに強い大風の中ではさすがに見にいくことも躊躇われました。
一方、2ヶ月後の秋9月に八本歯のコルから北岳山頂へと向かったときには、当然のことながらキタダケソウはもう葉っぱだけになっており、可憐な花を見ることはできませんでした。
そして、三度目の正直となるかどうか...。職場のPCで翌日の北岳が梅雨の合間の「晴れときどき曇り」であるという登山天気予報を確認した7月9日の金曜日、「これはもう、北岳に行くしかなかろう」と思い立ち、翌未明には自宅を出発してしまったのでした。


※白峰三山縦走・北岳の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【特別企画】北岳にて~夕景と朝景

撮影日:2010/07/10
撮影地:北岳山頂の三等三角点と鳳凰三山(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今夏は、結構いろいろな山を歩きました。撮り貯めた写真も沢山あるのですがなかなか掲載できずにいます。

2ヶ月とちょっと前のことになるのですが、ひと目キタダケソウの花を見ようと思い立って北岳を訪れました(※記事はこちら)。そのときにはもちろんお目当てだったキタダケソウの可憐な花にも出会えたのですが、それ以外にもたくさんの素晴らしい風景を目にすることができました。

そうした中から今回は、比較的人気の高い夕方と朝の景色を選んでみました。
梅雨の真っ只中とは思えないほど晴れた今年の7月10日と、前日とは打って変わって朝から曇ってはいたものの広河原へ下山するまではどうにか降られることなく済んだ11日に、南アルプスの最高峰にして本邦第2位の山 北岳で出会えた風景です。どうぞお楽しみください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

八ヶ岳縦走(南八ヶ岳) 2日目 その2

撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走南八ヶ岳) 赤岳より阿弥陀岳へと向かう登山道より(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


赤岳南峰山頂南側の急な登山道を下り、一路阿弥陀岳を目指します。

鉄梯子がかかった岩の間を下って少しいくと権現岳方面との分岐へ、そこから西の方へと続く急な下りの鎖場を進んでいきます。岩場の南側を回りこむようにして下っていくと、結構な高度感ある中で前方にまた目指す阿弥陀岳が見えてきます。
しばらくは急な岩場の下降が続きますが、やがて斜度は落ち着いてきて比較的穏やかで歩きやすく変化します。


八ヶ岳縦走南八ヶ岳)の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

八ヶ岳縦走(南八ヶ岳) 2日目 その1

撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走南八ヶ岳) 横岳より、赤岳から阿弥陀岳に至る稜線(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


少し間が開いてしまいましたが、八ヶ岳縦走のつづき(2日目)です。

硫黄岳山荘では、タルチョ祭という山の安全を祈念するチベットの祭りが行なわれました。その儀式のあとで、ころぼっくるさんや同泊したご夫婦と一緒に、横岳岩場手前に群生しているというツクモグサ(九十九草)を見にいくこととなりました。
この日は、前日と同様に朝から濃い霧に包まれていましたが、風は前日のように強くはなく気温もそれほど下がらなかったので、梅雨の最中にしてはまずまずの出だしでした。


八ヶ岳縦走南八ヶ岳)の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

【特別企画】北アルプス山篭り 2010

撮影日:2010/08/23
撮影地:燕山荘付近より表銀座縦走路を望む 左より大天井岳、穂高連峰から槍ヶ岳への稜線、右後方は笠ヶ岳(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


8月22日から29日まで、毎夏恒例の北アルプス山篭りにいってきました。
今年は前半を表銀座縦走に充て、槍ヶ岳から先は裏銀座方面へと出て黒部源流域に聳える名峰を訪ね歩くという、北アルプスの核心部を思う存分に満喫できた7泊8日の山旅でした。

北アルプス山篭り 2010 の行程
8/22:中房温泉~合戦尾根~燕山荘~燕岳(つばくろだけ)往復~燕山荘(泊) ※実家の父と
8/23:燕山荘~大天井岳(おてんしょうだけ)~大天荘(泊) ※実家の父と
8/24:大天荘(大天井岳)~西岳~ヒュッテ西岳~水俣乗越~東鎌尾根~槍ヶ岳槍ヶ岳山荘(泊)
8/25:槍ヶ岳~西鎌尾根~双六小屋~中道~三俣蓮華岳~黒部五郎小舎(泊)
8/26:黒部五郎小舎~カールコース~黒部五郎岳~稜線コース~黒部五郎小舎(泊)
8/27:黒部五郎小舎~三俣山荘~鷲羽岳~ワリモ岳(割物岳)~ワリモ北分岐~水晶岳~ワリモ北分岐~黒部源流~三俣山荘(泊)
8/28:三俣山荘~鷲羽岳(往復)~三俣峠~巻道~双六小屋(泊)
8/29:双六小屋~鏡平~小池新道~新穂高温泉

今回の山行は大変な長丁場となっただけに、さまざまな素敵な方々や、素晴らしい風景の数々との出会いがありました。8日間を通して比較的天候に恵まれたこともあり、お会いできた方たちとの会話や、目の前に広がる絶景を楽しみながらの最高の山歩きを満喫し、おかげさまでとても良い思い出ができました。
また、思わぬハプニングにも見舞われました。特に25日に西鎌尾根を下り、双六小屋から黒部五郎小舎へと向かう間には、熱中症のような症状に陥ってしまい始終頭が痛く足元はふらふらといった状態でした。この間を休み休み4時間半もかけて(しかも最後には容赦ない夕立に打たれながら)やっとの思いで黒部五郎小舎に到着したのでした。こちらの小屋のスタッフの方々には大変お世話になりました。

さて、長かったあの北アルプス山篭りからもすでに1週間が経ってしまいました。今回の北アルプス山行の間に撮影した写真は、一眼が894枚、コンデジで撮ったものは実に1,671枚にも及びました。そのうち一眼で撮ったものの中から選んだ75枚を一挙公開させていただきます。私の拙い写真では、あのとき実際に目の前に広がっていた絶景の圧倒的な素晴らしさを再現するには遠く及びませんけれども、それでも感動的な大自然の織りなす景色の何分の1かでも味わっていただければ幸いです。
それでは、どうぞお楽しみください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。